GWを楽しむために! 「お疲れ胃腸」をスピード回復させるちょいワザ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年5月3日 19時0分

写真

連休で旅行や遊びなどの予定が沢山詰まっている時こそ気をつけたいのが、胃腸。ついついご当地ソフトクリームをパクついてみたりお酒の飲み過ぎや脂っこいものを食べ過ぎたりで胃腸がお疲れモードになってしまいがち。当然ながら胃腸がうまく働かないとお肌も荒れちゃいます。だからこそ、お疲れの胃腸をスピード回復させるためのポイントを押さえておきましょう。

■なんだか胃腸の調子が悪いときはどうするのが正解?

暴飲暴食をしてしまったり、ストレスが原因で弱ってしまったりと、ふとしたことがきっかけで胃腸は調子崩してしまうことがあります。そんな時、「放っておく」という手段に出る方も多いかもしれませんが、放っておくと治るどころか悪化を招く怖れが。食事のポイントを少し気をつけるだけで、胃腸を休ませ、回復させることが出来るからこそ、胃腸を守る食事ポイントを覚えておきましょう。

■疲れた胃腸を守るための食事ポイント3つ

(1)「熱すぎる」「冷たすぎる」ものを避ける

脂っこいものや香辛料が多いものはもちろんですが、熱すぎるものや冷たいものも胃壁を傷めてしまう怖れがあります。従って、胃が弱っているように感じている時は熱すぎる汁物や冷たいアイスクリームなどは避けたほうが良いでしょう。

(2)「細かく刻んで」「火を通して」食べる

食べ物を充分に咀嚼しないで飲み込んでしまうと胃への負担が大きくなりますが、胃が疲れているなと感じている時は、調理の段階で胃への負担を軽減してあげるのも大切。例えば、食材をなるべく細かく刻んだり、火を通して柔らかくし、最初から胃に優しい状態にしておくと胃腸を守ることが出来ます。

(3)「胃が空っぽ」になるタイミングを作らない

胃腸が疲れていると食欲が奮わないと感じることもあるかもしれませんが、胃が空っぽの時間があると、更に胃は荒れてしまいます。食欲が無い時も少しでも良いので消化の良いものをお腹に入れて胃が空っぽの状態を作らないようにしましょう。

胃腸の調子が良くないかも?と、感じた時に「そのうち治るだろう」とやり過ごさず労ってあげることこそが、胃腸と肌を守るコツなのかもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※こっそりお教えします!美容家が日常「本当に飲んでいる」飲み物5つ

【参考】

※胃を守る 胃にいい生活 – 胃のサイエンス – エーザイ

※胃腸を楽にする4アイデア – 資生堂

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング