カロリーは心配しないで!「むくみも代謝UPもお任せ!」のビューティーオイル3選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年5月13日 22時0分

写真

最近流行りの『良質オイル』。「毎日良オイル欠かしません!」という海外セレブやモデルさんも多いようですね。でも、「オイルだからカロリー高いんでしょ?」なんて思っている方!良質オイルは、オイルはオイルでも、むしろ体内でエネルギーとして使用されたり、細胞や組織を作るという大切な役割を担っている美ボディに欠かせない栄養素なんです! 今回は悩み多き女子に嬉しいオイルを3つ選んでみました。

■1:むくみがヤバイ…

→『ウォールナッツオイル』

「オイルとむくみ?」と思われるかも知れませんが、ウォールナッツオイルには、血流の改善に役立つビタミンEや『α-リノレン酸』だけでなく、体内の水分バランスを保つミネラルが含まれていて、むくみ改善の相乗効果が期待できます。

■2:便秘を解消したい!

→『オリーブオイル』

オリーブオイルに多く含まれる『オレイン酸』は、小腸で吸収されにくく腸を刺激してぜん動運を促します。また大腸まで届き腸内で便と混ざることで、便を柔らかく保ち、オイルの効果で腸壁を滑らかに保つことでスムーズな排出を促します。

■3:代謝UPしたい!

→『ココナッツオイル』

海外セレブも注目のココナッツオイル。ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」は、腸で消化・吸収される際に酵素を必要としないため、素早く体内に吸収されエネルギーとして使われます。また母乳に含まれる『ラウリン酸』を多く含み免疫力UPにもおススメ。

■ココで差がつく!オイルを効果的に採るには?

●ウォールナッツオイル、オリーブオイル

:「そのまま飲む」のがおススメ

とくに便秘が気になる方は、朝大さじ1~2杯のエクストラバージンオリーブオイルを飲むことを松生クリニックの松生院長が推奨されています。そのままは、ちょっと飲みにくいな……と言う方は、ヨーグルトや納豆に混ぜたり、スムージーに入れても良いですね。

ポイントは、「短時間に比較的多くの量(大さじ1~2)程度を摂る」こと。意識してみて下さいね!

●ココナッツオイル

:加熱も可能

ココナッツオイルは、常温でも固体で酸化しにくいため、加熱調理が可能です。普段のお料理の油をココナッツオイルに変える、バターの変りにココナッツオイルを使う、など今までの油の代わりに使ってみましょう!

良質オイルは、もはやビューティーフード。ご自身のお悩みにあったオイルを見つけて、朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※ イイ女の常識!「生理痛もダイエットもおまかせ!」なオイル3選

【参考】

※ 「油」で健康になる - 株式会社マガジンハウス

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング