とっても得した気分…!みんなが大好きケチャップが「実は美肌も健康にもイイ」理由

LBR - Life & Beauty Report / 2014年5月20日 19時30分

写真

オムレツやフライドポテト……色々な食べものにプラスワンすればぐ〜んと美味しさが増す調味料、ケチャップ。そんなみんなにに愛されるあの赤い調味料ですが、実は“美肌にも嬉しい”要素が詰まっているようなんです。ケチャップに秘められた美肌力について探ってみました。

■「トマトケチャップ好き」は7割近く!

マイボイスコム株式会社がトマトケチャップに関する調査を行ったところ、トマトケチャップが好きな人は、「好き」「やや好き」を合わせて7割弱を占めました。また、ケチャップが「好き」と回答した人は女性の方が多く、特に女性20代で4割強と他の年代より多くなっており、私たちの世代にとってはマストな調味料だと言えそうです。

■ケチャップのリコピン量は「フツーのトマト」の3倍!?

ケチャップといえば、あの真っ赤な色が食欲をそそりますが、実はあの赤さこそが美肌の秘密。トマトの色が赤いのは、『リコピン』という赤い色素成分によるものなのですが、リコピンの抗酸化作用は大きく、βカロテンの2倍以上、ビタミンEにいたっては100倍以上にもなることが判明しています(カゴメ株式会社調べ)。

さらに、完熟して赤さを増せば増すほどリコピン量は増えるので、普通の食用トマトよりも、たっぷりと熟れた加工用トマトの方がリコピン量は豊富なのです。生食用のトマトと比べると、その差はなんと約3倍なんだとか。

■醤油やソースと比べても塩分が少ない!

厚生労働省によると、一日あたりの食塩摂取量目標値は、18歳以上の女性の場合「7.0g」未満とされています。しかしながら日本人の塩分摂取量は平均で1日11~12gと大幅にオーバーしているのです。ケチャップはうすくち醤油に比べて塩分量は4分の1強、中濃ソースに比べても約半分程度と塩分は控えめで、脂肪分もゼロ。だからこそ、健康を気にする時はもちろん、むくみや肌荒れを予防するための美肌調味料としても、とても優秀なのです。

甘さとまろやかさで食卓を彩るケチャップが肌に良いなんて、とても嬉しい事実ですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※体に悪い信仰はウソ!? 「カラダも心もキレイになる」マヨネーズとの付き合い方

【参考】

※【トマトケチャップに関するアンケート調査】トマトケチャップが好きな人は7割弱。トマトケチャップは「リコピンが豊富」と5割弱が認知、特に女性高年層で高い -(マイボイスコム株式会社)  -  PRTIMES

※トマトケチャップの栄養のお話 – カゴメ株式会社

※日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書を取りまとめました – 厚生労働省

※高血圧を防ぐ食事 – 厚生労働省

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング