そのパック、全然意味ナイんじゃない?「専門家が教える」シートパック効果倍増テクニック3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月11日 19時0分

写真

ラグジュアリーなイメージだった「シートパック」もいまやすっかり安く手に入るようになりましたね。でもやることに満足してしまって「安くても毎日パックしていれば綺麗になる!」「やらないよりかはイイ」など、肝心の使い方が間違っている女子の多いこと。それではもったいないです!

そこで、安いパックでも「ちょっと気をつけるだけ」でその効果をグンと倍増させることができちゃうテクニックをご紹介しちゃいます。



■Point1:「お風呂上がり」に使う

お風呂あがりは毛穴が開いた状態です。どんな時でも毛穴が開いていれば細胞学上も美容成分は浸透しやすくなります。お風呂が難しければ蒸しタオル等で顔を事前に温めればOK。タイミングは夜でも朝でもどちらでも構いません。

ですから、「今日はデート!」という時にはメイク前に蒸しタオルをしてからシートパックをしてみて下さい。お化粧のノリもモチも全然ちがってきますよ。

■Point2:「ラップで覆う」

唇に美容液やリップクリーム、蜂蜜を塗ってラップをするという美容方法がありますね。コレが何故イイかというと、美容成分の蒸散を防ぐ事が出来るから。パックも乾燥しますので、出来る限りパックにも十分な水分を残しながらパック出来るように上からラップで覆うと良いでしょう。

もう1点の“ラップパック”メリットは、密閉される事で蒸気が滞留して熱を持ち毛穴が開くことで、美容成分が浸透しやすくなります。ラップで覆うと蒸されている感じがわかると思います。これは、エステサロンでラップを巻く美容法と同じ効果が得られます。

■Point3:手で馴染ませる

パックをしたからと言って、安心してパックを取った後に何もしない女子が多いようですが、パック後は手でおさえるように表面に残った美容液を馴染ませましょう。手の温度によって美容液が温まりさらに浸透します。

同じシートパックでも、ただやるのと、理論にかなった使い方をしているのとでは効果にグンと差が。保湿にやり過ぎはありませんので気付いた時に、どんどん活用してみてくださいね。

(平山愛子)

【関連記事】

※これなら間違いない!炭酸美容家流コットンパックの効果的なやり方

※なんとなくでは逆効果!? コットンパックの意外と知らない正しい作法3つ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング