それじゃどんどん肌ブスさんに…意外と「タイミングを間違えている」女子が多い超基本スキンケア2つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月6日 20時30分

写真

スキンケアはダイエットや恋愛と同じ! 方法やタイミングを間違えると全く意味がありません。ということで、“とっても基本的なケアなのに”意外とタイミングを間違えている人が多いスキンケアを2つご紹介します。これを変えるだけで劇的にスキンケアの質があがって、今使っている化粧品の満足度もグンとUPするはずです!



■1:「朝起きた時」やりがち間違いケア

→日焼け止めは「メイク前」「外出前」じゃ遅い!

家にはたくさんの窓があると思いますが、そこに使われているガラスは実は紫外線を透過してしまう物がたくさん。1枚の板ガラスだと紫外線透過率50〜70%、複層ガラスだったとしても10~20%は通してしまうと言われています。

アナタのお家で使用されている窓ガラスの種類にもよりますが、上記がほとんどですのでお家の中に居る時にも紫外線から守られていると思わずに、紫外線対策が必要なんです。

朝起きて顔を洗って、出来れば「カーテンを開ける前」に塗ることをお薦めします。そうすれば、お家の中に透過してきている紫外線もカットできますし、「ちょっとベランダに」「ちょっとゴミ捨てに」という時でも安心です。

■2:「お風呂上がり」やりがち間違いケア

→カラダ・髪を拭いて、服を着て、汗がひいてから「やっと化粧水!」じゃ遅い!

お風呂上がりって、まず体を拭いて、続いて髪の毛……そして何かルームウェアを着たり、バスタオルを巻いて、「やっと化粧水!」という女子、多いのではないでしょうか? また、お風呂の後は比較的汗をかいているので、敢えて汗がひいてから、と時間を置いている女子もいるでしょう。

でもこれも、実は大きな間違いなんです。お風呂上がりは、お肌はとっても乾燥しやすい状況にあります。それに加えてお風呂の後は毛穴も開いていますが、洗顔後は皮脂も分泌されていない状態ですから水分を保つための“フタ”がないことになります。フタがなければ当然、乾きます。その乾燥までの時間はかなり早くて20分もそのままにしておくと、“お風呂に入る前”よりも肌の水分量が少なくなっていることもあります。

つまり、お風呂から上がったら、体を拭くより髪の毛を拭くより、洋服を着るより、「何よりも化粧水を先につける」必要があるんです!

いろんなアイテムや情報がたくさんあるのに肌トラブルや悩みが山積している女子は、意外とこういう超基本的なところでつまずいているものです。基本の基本に戻って正しいタイミングでスキンケアが出来ているかチェックしてみてくださいね!

(平山愛子)

【関連記事】

※1つは絶対やってる!? 日焼け止めの「結局焼けちゃう」NG塗り方4つ

※今すぐやめて!「お風呂ついで」の洗顔がニキビ、たるみの原因に?

【参考】

※冬本番! 「カサカサお肌」をお風呂でケア – バスクリン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング