生理前のイライラ・過食にはポリポリ美味し~い「あのナッツ」を食べてみて!

ごきげん手帖 / 2014年5月27日 22時0分

写真

生理前のイライラ。時が立てばハッピーな気分に戻れると分かってはいても、やっぱりイライラしちゃいますよね。

PMSは、女性ホルモンの働きと関係しているのですが、この女性ホルモンの働きを活性化させるのが「ビタミンB6」。ポリポリ食べてストレス解消しながらビタミンB6が補給できちゃうナッツがあるんです。それは『ピスタチオ』!

■どうしてイライラしちゃうの?

PMSの原因の一つに、ホルモンバランスの乱れが考えられます。「生理期→卵胞期→排卵期→黄体期……」という生理周期の中で「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のバランスが変化していくのですが、この変化がスムーズでないと、むくみや過食、イライラといったPMSの諸症状を引き起こすと言われています。

また、生理前にはエストロゲンの分泌が減少することで幸せ物質「セロトニン」が減少し、落ち込んだり、イライラの原因となります。

■イライラの解消には「ビタミンB6」

ビタミンB6は、エストロゲンの代謝に関わるビタミンで、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。また、必須アミノ酸「トリプトファン」が幸せ物質「セロトニン」に変換される際にも必要なビタミンで、生理前に減少してしまうセロトニンの合成をサポート。ホルモンバランスを整える、セロトニンの合成を促す、という二つの側面からPMSのイライラをサポートしてくれるのです!

■『ピスタチオ』がおススメな理由3つ

(1)ビタミンB6がスゴイ!

“ニンニクに多く含まれていると思われがち”なビタミンB6なのですが、なんと!ピスタチオにもニンニクとほぼ同等量のビタミンB6が含まれています。ニンニクは、調理しないと食べられませんが、ピスタチオならそのままポリポリ食べられちゃうのも魅力! ピスタチオ20g(殻付きで30粒程度)で、厚生労働省が推奨する1日のビタミンB6摂取量の約20%を摂ることができます。

(2)トリプトファンもカバー!

ピスタチオには、セロトニンの元となるトリプトファンも含まれています。ビタミンB6とセットで摂ることができて、効率が良いですね。

(3)ミネラルも摂れちゃう!

イライラの原因の一つに、「マグネシウムとカルシウム不足」も考えられます。マグネシウムは、気持ちを安定させる神経伝達を正常に保ち、筋肉をリラックスさせる効果があります。カルシウムとセットで働きますから、マグネシウムとカルシウムが両方含まれるピスタチオは、イライラ防止におススメ。

多くの女子が悩むPMS。短期間とはいえ毎月イライラや過食に悩まされるのはツライですよね。PMSが気になる女子は、3時のおやつに『ピスタチオ』を食べてみてはいかがでしょうか?

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※学校では教えてくれなかった!生理前のイライラシクシクを乗り切る6つの極意

【参考】

※ PMSをやわらげるビタミン・ミネラル - テルモ株式会社

※ 成分情報:ビタミンB6 - 株式会社わかさ生活

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング