むしろ大人ガーリー! 梅雨髪レスキュー「気分がアガる」超簡単ヘアアレンジ3選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月13日 19時0分

写真

梅雨から夏にかけての大きな悩みの種である、髪。ベタついたり、うねってまとまらなかったり……と、ヘアスタイルをいつも通り維持するのにも一苦労。少しでも髪に対するストレスを軽減すべく、簡単かつ可愛いヘアアレンジと、そのポイントをご紹介します。

■カンタンかつ可愛い!「梅雨でもアガる」ヘアアレンジ3選

(1)前髪はポンパドールで抜け感を出すと可愛い

湿気のせいでペタンコになってしまったり、汗でおでこにくっついてしまい、ニキビの原因になったりと、この時期に手を焼く前髪の存在。そんな時は思い切ってアップにしてしまうのがおすすめ。くるんとひねりながらオールバックにしてアメリカピンでとめるプチポンパドールなら適度に抜け感も出て柔らかい雰囲気になります。ピンでとめた部分の上からバレッタをかぶせれば、気分も華やいで梅雨の憂鬱さも吹き飛ぶかもしれません。

(2)ポニーテールやシニヨンもあり

湿気が原因でくせ毛が出てしまう…という人は、ポニーテールなど一つにまとめるのがベター。あえて手櫛でラフにまとめることで、くせ毛を活かしてチャーミングな雰囲気にすることが出来ます。ポニーテールにする時は顎の対角線の位置(後頭部の上の方)で結ぶことで、表情をキレイに見せることが出来ます。きちんとした雰囲気にしたい時はポニーテールを更にくるくるとお団子状に巻き込んでゴムやシュシュでとめるシニヨンヘアが良いでしょう。

(3)三つ編みアレンジはうねりも出ににく、最強

どうしてもうねりや過剰なボリュームが気になる人は、しっかりと三つ編みを編んでクセを封印してしまうのも手。ベーシックな三つ編みや左右に三つ編みを作って頭上や後頭部で交差させる「王女編み」、三つ編みをドーナツのようにくるんとまとめるアレンジなど、三つ編みから発展させるアレンジは多種多様。お気に入りの三つ編みアレンジを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

ちょっとしたアレンジ次第で、顔周りも気分も明るくなるからこそ、ゴムとピン片手にヘアアレンジの工夫をしてみるのも良いかもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※その手があったか!梅雨シーズンでも「サラサラ肌をキープできる」化粧崩れ対策4つ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング