見た目が一気に老けちゃう!敏感肌女性の74%が「目元にシワがある」と判明

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月24日 19時30分

写真

常に注目されいる目元ほどプリっとしたハリ感を保っていたいものですが、実は敏感肌傾向の女子は、健常肌の女子に比べると目元の印象がダウンしがちという衝撃の事実が。そこで本日は、意外と知られていない敏感肌さんの目元に疲れが現れやすい原因について探って行きたいと思います。

■目元にシワができやすいワケ

目元にハリ感がないと、実年齢関係なく見た目の印象に良くない影響を与えてしまいます。顔の中でも特に敏感でシワが出来やすい目の周囲ですが、それは何故でしょうか? その理由の一つに、他の部位に比べて皮膚が薄い事が原因と言われています。さらに皮下脂肪も少なく、皮脂腺も汗腺も少ないため乾燥が進みやすい環境。それに加えて、まばたきなどで筋肉も疲労しやすいため、疲れがダイレクトに現れてしまう部位なのです。

■敏感肌女性はさらに目元にシワができやすい!?

ただでさえ繊細な目元ですが、肌が敏感傾向に傾くとさらにその状況に追い打ちをかけてしまう事に。ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドを展開する株式会社ディセンシアが行った調査によると、通常時「目元にかゆみがありますか?」との問いに対して、敏感肌の方は79%が、健常肌の方は54%が「はい」と回答したそう。また、「一日に目もとに触れる回数は?」との問いに、敏感肌の方は8.5回、健常肌の方は5.9回と答え、かゆみが原因によって一日に目元に触れる平均回数が上回る結果に。

そして、一番気になる「目の下にシワがありますか?」との問いには、敏感肌の方は74%が、健常肌の方は61%の方が「ある」と答え、敏感肌の方がシワができやすい事が明らかとなりました。 

■その原因は「かゆみ」と「乾燥」

前途した調査結果を見て分かるように、敏感肌に傾くと、通常肌よりもひどい乾燥が起こりやすく、かゆみが発生してしまうのだそう。フローは以下のとおり。

●角層が荒れ、水分が蒸散し乾燥が進む。

●外部刺激がダイレクトに肌内部に入り、微弱炎症が発生。

●炎症がかゆみを引き起こし、手で触れる回数が多くなる。

●物理刺激により、過剰なメラニン生成やコラーゲンの切断

こうして目周りがくすんだり、シワができたり……印象が一気に老けてしまいます。

■しっかり目元の保湿対策を!

必要なのは毎日の通常ケアで十分な保湿を行うことに加えて「目元専用」の美容液かクリームを使い、しっかり保護してあげる事が大切です。また、ピリピリ感が増したな……と感じる際は、日中のケアも絶対怠らないで! 敏感肌は時間が経てば治るものではないので、放っておけばおくほど酷くなる可能性が。バリア機能が回復するまでは、水分や油分を補ってあげる事が大切ですよ。

一番見られているにも関わらず、一番やつれた印象が出やすい目元。「何か疲れてる?」なんて言われないためにも、日々ケアしたいですね!

(山本朱美)

【関連記事】

※4歳老けちゃう「乾き目ブス」急増中!オフィスでできる簡単解消法4つ

【参考】

※ポーラ・オルビスグループ株式会社ディセンシア- 老けた目元印象をもたらす、敏感肌特有の「影ジワ」を発見!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング