どんどん食べて!むくみ女子が「みるみるスッキリしちゃう」夏フルーツ4選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月14日 12時0分

写真

夏は果物が美味しい季節ですね! 果物はビタミンやミネラル、食物繊維が含まれ毎日食べたい食べ物なのですが、特に夏の果物には「むくみを和らげる」効果のあるものも結構あります。むくみ太りに悩んでいたら、今回ご紹介する4つのフルーツを積極的に食べてみて!

■夏こそ食べたいフルーツ 4つ

(1)スイカ

夏の果物の代表選手「スイカ」。スイカに含まれる『シトルリン』というアミノ酸は、血液中に一酸化窒素(NO)を発生させます。NOは、血管を拡張させて血流を改善させる効果があり、滞った血流やリンパの流れを刺激してむくみを改善させる効果があります。シトルリン研究会の研究によれば、シトルリンは特に足のむくみに効果的なそうですから、デスクワークの多い方にもおススメ。

(2)パイナップル

中医学では、体内に余分な熱がこもることで起こる便秘や下痢などの腸トラブル、むくみ、頭痛などの不快な症状を緩和する攻下類に分類されるパイナップル。体内の余分な熱や水分を便通を改善することによって排出させ、むくみを改善する効果があります。クエン酸も含まれ、夏バテ予防にも◎。

(3)スモモ

リンゴの約2倍のカリウムを含むスモモ。色々な種類があり、プルーンやプラムもスモモの仲間です。カリウムは、体内の水分バランスを保つために欠かせない栄養素。日頃から、塩味の濃いものや、外食が多くむくみやすい方は、ナトリウムの摂り過ぎでむくんでいる可能性が。カリウムを多めに摂って体内の水分バランスを整えましょう!

(4)メロン

メロンには、スイカほど多くはありませんが『シトルリン』が含まれています。カリウムも豊富に含み、シトルリンとカリウム、両方のむくみ改善効果が期待できます。

また、メロンには、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるβ-カロテンを含み、特に果肉の赤いメロンは、ほうれん草に匹敵するβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは皮膚や粘膜の健康を保つ効果、紫外線ストレスなどによって発生する活性酸素を除去する効果がありますから、紫外線の強いこれからの季節にピッタリの果物。

メロンのワタの部分には、血液をサラサラに保つ効果のある『アデノシン』と呼ばれる成分が含まれていますから、ワタの部分も残さず食べましょう!

夏は、湿度が高く体内の熱をスムーズに排出することができず、むくみやすい季節なんです。ご紹介したフルーツを毎日の食卓に加えてみるだけで、毎日が快適になるかも!?

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※美人は「美腎」!無意識にしてる「ブヨブヨむくみにつながる」3つの食習慣

※コンビニで買えるんだ!「パンパンむくみもスルスル~」な飲み物5選

【参考】

※ むくみ予防 – シトルリン研究会

※ 成分情報:メロン – 株式会社わかさ生活

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング