アナタの腸にも「カビが生えてる」かも!? 汚腸な美人はいない理由が明らかに!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月15日 21時30分

写真

今、最もホットな健康法と言えば「腸内環境改善」ですよね。腸内細菌のバランスを保ち、腸内環境を改善することで様々な健康効果が得られると注目されていますが、裏を返せば、腸内環境が悪化していると様々な不快な症状の原因となる、ということですよね。「便秘」「下痢」などの腸トラブルは、腸内環境が悪化している証拠。それだけでなく、腸内環境が悪いと腸内にカビが生えてしまうとか!? あなたの腸内は大丈夫でしょうか?

■「腸内にカビが生える」ってホント?

私達人間の腸の中には、100兆個以上の腸内細菌がいて、日々そのバランスを変えながらも「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が共存していいます。食生活の偏りや薬、ストレスなどの影響で腸内細菌のバランスが崩れると、真菌(カビ)の一種である『カンジタ』が増殖してしまいます。カンジタは日和見菌ですから、腸内細菌のバランスが善玉菌優性の時には悪さはしませんが、悪玉菌が優勢になると身体に悪影響を及ぼします。

筑波大学の渋谷教授によれば、カンジタが増殖することで『プロスタグランジンE2』と呼ばれる物質が生産され腸壁から血液中に取り込まれることで、皮膚炎などのアレルギー症状を悪化させることがわかっているそうです。腸の中だけで済む話じゃないんですね!

■危険!食物アレルギーの原因にも!?

カンジタが増えると、腸内細菌のバランスが崩れ腸粘膜のバリア機能が低下してしまいます。健康な腸粘膜は厚いメッシュ状になっていて、身体に必要なものだけを吸収するのですが、カンジタが増殖しバリア機能の弱った腸粘膜は、メッシュが荒くなり身体に不要なものや未消化物までを吸収してしまい、食物アレルギーの原因にもなりかねない、とのこと。今まで食べていた大好物が食べられなくなってしまう可能性もあるのです!

■カビを増やさないためには「砂糖」をやめて!

カンジタの大好物は「砂糖」。スイーツや菓子パンなど、砂糖がたっぷり含まれたものを食べるとカンジタにエサをあげることになってしまうのです。日頃から下痢や便秘などの腸トラブルがある人、皮膚炎などアレルギー症状が出やすい人は、砂糖を控えてみるとイイかも。

腸内にカビが生えているかも……なんて、怖いですね。砂糖は血糖値を急上昇させて、年齢に関係なくお肌を老化させてしまう「糖化」の原因にもなってしまいますから、砂糖LOVEな女子も、砂糖を控える習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※ 腸内環境改善で体内美人に! 「実は冷やした方がイイ」3つの食べ物

※ 腸内美人は美肌なだけでなく恋愛も得意!愛され上手なモテ腸を作る方法

【参考】

※ 腸内細菌のバランスの乱れが、喘息を悪化させるメカニズムを解明 – 筑波大学 医学医療系 教授 渋谷 彰

※ 姫野友美著『美しくなりたければ食べなさい』三笠書房

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング