なんとかしたい!生理中のむくみを和らげてくれる食べ物3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月22日 21時30分

写真

生理前や生理中のむくみ。むくんでいるとカラダが重く感じたり、体調が悪いような気がしてしまいますよね。そこで今回は、ブルーデーを少しでも快適に過ごせる食べ物を3つご紹介したいと思います。

 ■生理中はどうしてむくむの?

排卵~生理までの間は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになります。プロゲステロンは、妊娠に関わる女性ホルモンで、体内に水分や栄養を蓄える働きがあります。そのため、生理前になると食欲増進、便秘、むくみ、といった“カラダに何かを蓄える”現象が起きてしまうのです。

■生理中のむくみにおススメの食べもの3つ

(1)ナツメ(デーツ)

中医学では、ナツメは気を養う食材とされています。気が不足すると血液の巡りも悪くなってしまいます。血行が悪いと、本来、静脈やリンパ管に戻って排出されるべき細胞間の水分がスムーズに排出されず、むくみの原因に。ナツメは、カラダを温める効果、血液を養う効果もありますから、生理痛にお悩みの方にもおススメ。ただし、お砂糖漬けのナツメではなく、ナツメだけで作ったドライナツメを食べましょう!

(2)大豆製品

大豆には、体内でエストロゲンと同じ様な働きをする「大豆イソフラボン」が含まれるだけでなく、ミネラルも含まれています。ミネラルは、体内の水分バランスを保つ大切な栄養素。「大豆イソフラボン」とミネラル、ダブルでむくみの解消に役立ちます。

 

(3)海藻

海藻はミネラルと水溶性食物繊維の宝庫。体内に溜まった余分な水分を排出する働きのある「カリウム」。例えば、とろろ昆布50gには、厚生労働省が推奨するカリウムの摂取量の50%以上を摂ることができます。カリウム以外も、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなど、バランスよくミネラルが含まれています。このほか、水溶性食物繊維は、腸内で便を柔らかく保って排出をスムーズにする効果もあり、生理前に便秘になりがちな方にもおススメ。

夏は、湿度が高くカラダはむくみやすい状態。生理中、少しでも快適に過ごせるように、生理前の2週間だけでも食生活に気を使ってみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※ 生理前のイライラ・過食にはポリポリ美味し~い「あのナッツ」を食べてみて!

【参考】

※ 基礎体温と女性ホルモンのしくみ - テルモ株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング