【女子力チェック!】アロマテラピーの「超基本」3つをアナタは答えられる?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年7月10日 22時30分

写真

ナチュラルかつカラダに良いイメージのアロマテラピー。日常生活に取り入れることで健康的な美肌に近付けそうですが、「正直な話、アロマテラピーの使い方って何となくしか理解していない…」という方も結構多いようです。アロマテラピーのウソホント、あなたはちゃんと正解できますか?

■女性の4割以上が普段の生活でアロマを活用

日本アロマ環境協会が20~40代の一般女性300名に対して意識・実態調査をおこなったところ、普段の生活でアロマを活用している人は41%ということで、何らかの形で生活にアロマを取り入れているようです。

また、「プチ不調を感じた時にアロマを使うことはありますか?」という質問でも、3割以上の女性が「ある」と答えており、精油を上手に取り入れ、生活を高めたり、不調を改善したりする女性は年々増加中なのかも!?

■アロマの3問と解説

ここで勘違いしがちなアロマの○×を3問、解説と共に確認してみましょう。

Q1.精油は、100%天然(植物由来)ではなくてもアロマテラピーに使用できる

→正解:×

※一般女性の正答率:38%
精油(エッセンシャルオイル)100%天然で、アルコールや香料、他の香りのオイルなど混ぜ物が一切されてないもののこと。ですので、採油率の低い物や珍しいものは高価になることもありますが、目的に合わせて、自分にあった良質な精油を選ぶようにしましょう。

Q2.精油は直接肌につけて使うことができる

→正解:×

※一般女性の正答率:49%

精油の原液は高濃度で刺激が強すぎるため、原則として直接肌につけるのはよくありません。原液のままで肌に付けても安全とされている精油はラベンダーとティーツリーのみですが、敏感肌の人はラベンダー、ティーツリーであっても薄めて下さい。 特にアレルギー体質の人や妊娠中、体調不調の人は更に注意が必要です。健康に問題が無い人も精油を肌につける場合は1〜2%に薄めるのが正解。

Q3.アロマテラピートリートメントは、精油成分が肌から浸透し全身に作用する

→正解:〇

※一般女性の正答率:65%

アロマテラピートリートメントを行った場合、肌から経皮吸収された成分は皮膚の奥深くに浸透します。それにより、体液や血液、リンパ液を通じて全身に作用します。もちろん嗅覚を通しては脳の中枢に信号を送り、ストレスを緩和したり、ホルモンバランスを整える働きもありますので、その時の目的や体調によって、使い方を適宜工夫するのが良いでしょう。

アロマテラピーをきちんと理解して使いこなせば、肌や体調の不調も簡単に治せるかもしれないからこそ、正しい知識を身につけておきたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※美肌の必須テク!アロマ初心者がやりがちなNGポイント3つ

※あっという間にリラックス!初心者さんにも超簡単なアロマ活用法4つ

【参考】

※あなたのアロマテラピー、実は間違っている!?約9割の女性がアロマテラピーを正しく理解していないことが判明!(公益社団法人日本アロマ環境協会) – PRTIMES

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング