今が旬!水分たっぷりなのに身体が冷えないフルーツ●●の美肌パワー!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月6日 19時30分

写真

暑い時期こそ瑞々しい果物を存分に食べたいものですが、食べ過ぎると身体が冷えてしまうのが気になるところ。そこで選びたいのが、みずみずしいのに身体が冷えないという、魅力的なアノ果物。優秀すぎる作用を美肌効果と共にご紹介したいと思います。

■桃は身体を冷やさない唯一の夏の果物

6月頃から出荷が始まる桃は、夏が旬真っ盛り。夏が旬の果物というと、水分を豊富に含んでいて体を冷やす作用があるような気がしてしまいますが、実は桃は身体を冷やすどころか、温めてくれる働きがあります。温性の食品を食べることで血液の循環も良くなるので、夏場に冷房が効いたところにいると顔色がくすみやすいという人には、桃はぴったりな食べ物です。

■桃はあま〜いデトックスフルーツ

桃には色々なビタミンやミネラルが含まれているほか、カリウムの含有量は100g中180mgと果物の中でもトップクラス。さらに、りんごに含まれていることでよく知られているペクチンも豊富に含んでいます。ペクチンは腸に滞留している老廃物を掃除してくれる役割があるので、整腸作用のほか、肌荒れの予防・解消も期待出来ます。カリウムとペクチンによって体も肌もすっきりデトックスできるはず。

■おいしい桃の選び方

全体的にバランス良く色付き、ふっくら丸い桃を選べば、ジューシーな甘さを楽しめます。また、皮に傷のないものを選ぶことも重要です。冷蔵庫に入れたままにしておくと風味が落ちてしまうので、なるべく冷暗所で保存し、食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。

華やかで芳しい香りと、うっとりとするような甘さの桃は、体を冷やすことなくデトックスできてしまう優秀フルーツだったようです。コンポートなどにしてもおいしい桃を積極的に食べたいものですね。

(前田紀至子)

【参考】

※桃 – JA豊橋

※冷え性対策「食」編 – TERUMO

※食品成分データベース – 文部科学省

※菱沼農園

関連記事

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング