UVカット+αが今年の定番? 上手に取り入れたい最新日焼け止め事情

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月30日 19時0分

写真

あなたは、どんな日焼け止めを使っていますか? 毎日使うものだからこそ、快適かつ効果的なものを選びたいですよね。昨年にも増して、今年は様々な付加価値を備えた日焼け止めが発売されています。上手に取り入れて、紫外線対策を万全にして残りの夏を楽しみましょう!

■いつもSPF50+PA++++を使っておけば問題ない!?

使い分けるなんて面倒だから、一番強力な「SPF50+PA++++」の日焼け止めを塗っておけば問題ないでしょ?と思う人も多いはず。もちろん、数値の高い日焼け止めはUVカット効果も期待ができます。でも、強力だから大丈夫!という安心感から塗り直しをせずに過ごしてしまいがちなのも事実…。夏は特に、汗や皮脂量が増えるので、数値が高い日焼け止めでも、こまめな塗り直しが大切です。また、SPF値は表示通りの使用量をきちんと塗った場合に防御できる指標の目安です。使用量が少なかったり、ムラになっているときちんと効果が得られないのでご注意くださいね。

■せっかくなら、UVカットしながら美肌も目指そう!

「+α」の機能が備わった日焼け止めが続々登場しているのをご存知ですか?「+美白ができる」、「+エイジングケアができる」、「+大気汚染をブロック」、「+シミやくすみをカバー」などなど。毎日使うものだからこそ、紫外線をカットするだけでもったいない! ながらケアができるアイテムを取り入れて、同時に肌悩みの解決に役立てるのが賢い使い方といえそうです。

■使い勝手のよいアイテムで塗り忘れを防ぐ

“日焼け止めの失敗談あるある”として、よく取り上げられるのが塗り忘れによる部分焼け。特に塗り忘れが多いパーツといえば、耳や首のうしろ、足の甲などですよね。手の届く部分は、気をつければ防げますが、背中や髪など塗りにくい部分は、スプレータイプが便利です。ランチなどでちょっと外に出るときにシューッと簡単に重ね塗りができるので手間がかかないのもいいですね。

海やプールに行く日は、もちろんウォータープルーフ。デートの日は、香りつきのUVミルク、ウィークデイは、汗をふきながら塗り直しもできるシートタイプの日焼け止めなど、その日の予定に合わせて使い分けをして、楽しみながら紫外線対策をしましょう!

【関連記事】

※美肌のために覚えておきたい「紫外線が本当に多い時間帯」

【参考】

※ビューティーアップ・セラピー Step11 太陽と、かしこく付き合う! – 株式会社コーセー

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング