うぶ毛を剃るとニキビができにくくなるって本当?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年9月6日 22時0分

写真

「それって都市伝説?」と思われがちな美容法、実は根拠があったんです! なかなか治らない頑固な大人ニキビに悩んでいる人、必見!正しい顔剃りで、透明感あふれるツルツル美肌を目指してみませんか。

■顔剃りがニキビ予防になる理由とは?

ニキビは毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まり、そこにアクネ菌とよばれる雑菌が繁殖することで発生します。アクネ菌は誰の肌にもいる常駐菌のひとつですが、皮脂を好む性質があるため、皮脂分泌量が多い部位に多く生息します。このアクネ菌は体毛に絡んでいることが多いため、大量の産毛を顔に生えたままにしておくことで菌を引き寄せて、周辺のニキビを悪化させてしまうのです。

アクネ菌の棲家である産毛を処理することは、ニキビ予防になると同時に、毛の色でくすんで見えがちな顔に透明感をもたらし、メイクのノリがよくなる効果も。

■肌を傷めない正しい顔剃り法はこちら!

カミソリで顔の産毛を処理するのは、肌を傷つけそうでちょっとコワイ……。でも、この方法なら安心してシェービングができるので、試してみて! ただし、炎症が激しいときは避け、ニキビが落ち着いているときに、定期的に行うことをおすすめします。

カミソリにはT字型、I字型がありますが、凹凸のある顔面にはI字型の方が細かな部分まで剃れて、使いやすいでしょう。

1.毛を逆立てるようなイメージで、顔全体にクリームをたっぷり乗せる。

2.毛の流れと逆方向に皮膚を引っ張りながら、毛の流れに沿って剃る。

3.濡れタオルまたは湿らせたコットンでクリームをやさしく拭きとるか、洗い流す。

4.アルコール無配合の低刺激タイプの化粧水でしっかり保湿。

5.さらに乳液、クリームなどを塗り、いつも以上にたっぷり保湿する。

■肌が敏感な時期や外出前の処理は避けて

生理前などホルモンバランスが乱れているときや、寝不足・風邪などで体調不良のときは処理を避けて。剃った部分の回復が遅くなり、菌が侵入しやすくなります。また、処理直後に紫外線に当たるのもNG! 剃るなら、肌がやわらかくなっている入浴後がベストです。3週間に1回くらいのペースで行うのが、肌に負担をかけず理想的でしょう。

産毛剃りでニキビが予防できるなんて、目からウロコ! という人は、ぜひ一度お試しあれ!ムダ毛とニキビをなくして、明るい肌と表情を手に入れちゃいましょう!

(LBR編集部)

【関連記事】

・大事!うぶ毛処理をすべき理由と意外な落とし穴4つ

【参考】

※産毛とニキビと関係 – 相澤皮膚科クリニック

※正しい顔剃りが美肌の鍵 – 高須クリニック

※スキンケア効果をUPさせる!顔そりケアのすすめ – All About Beauty

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング