透明感が大切!秋美人になるために、いまやるべき5つのこと

LBR - Life & Beauty Report / 2014年9月24日 12時0分

写真

秋の気配も濃くなり、爽やかな風がここちよい季節。でも、肌は夏のダメージを引きずったまま……という人も多いのでは。メイクののりがいまひとつなのも、この時期に多い肌のゴワつきが原因かも!? 秋美人に欠かせない透明感を取り戻すために、5つのポイントを押さえておきましょう。

■夏の終わりの不調肌、その原因をおさらいしましょう

ひと夏を過ごした肌がゴワついたりくすんだりする原因には、夏の強烈な紫外線が大きく関わっています。通常、肌は約28日間かけて基底層から表皮層まで押し上げられて、肌表面の角層が垢となってはがれ落ちます。この新陳代謝がターンオーバーといわれるものですが、強い紫外線にあたり続けることでターンオーバーのリズムが崩れて、角層が厚くなり、固くゴワゴワとした肌になってしまうのです。また、夏のエアコンや秋口の急な湿度低下による肌の乾燥も、ターンオーバーを乱す要因に。


■秋本番に向けてのスキンケアは、角質に注目!

古くなった角質が肌表面に溜まったままだと、スキンケアの有効成分が浸透しづらくなり、肌の乾燥が進行するという悪循環に。まずは角質ケアで夏のダメージをリセットしましょう。

ポイント1.週に1度はスペシャルケアを

毎日のていねいな洗顔で汚れや古い角質を落とすことに加えて、週に1度はおだやかなピーリング作用のある洗顔料やパックを使って特別なケアを。酵素やAHA(フルーツ酸など)が配合されたコスメなら、肌に過剰な刺激を与えることなくクリアな肌に導いてくれます。

ポイント2.ふきとりコスメで浸透しやすい肌に

メラニンを含む古い角質をふきとる効果のある柔軟化粧水や美容液を、お手入れの一番最初にプラスしてみましょう。コットンにふくませて肌をふくことで、ザラつきやくすみを取り、次に使うコスメの浸透をよくしてくれます。

ポイント3.徹底保湿で秋の乾燥対策を!

夏に受けたダメージを修復するとともに、湿度が急激に低下する秋に向けて乾燥対策はしっかりと。ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、セラミドなどの保湿成分が含まれていて、角質層にしっかり届き、長時間うるおいをキープできる化粧品を選びましょう。保湿効果は肌を触ってみたときの柔らかさと、手のひらに吸い付くような感触で実感できます。


■体の中からもめざそう!うるうるの秋美人

体の外側からだけではなく、内側からもケアすることは、秋美人への近道!秋に向けて生活習慣を見直すこともおすすめです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング