肌のバリア機能がUP!乾燥肌にはオイルで保湿ケア!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月11日 12時0分

写真

空気の乾燥が徐々に本格化し、夏までのスキンケアと同じでは済まされなくなってきた今日この頃。今回は乾燥が気になる時にオススメしたい、簡単かつちょっぴり意外なプラスワンスキンケアをご紹介します。

■乾燥が気になる日に塗るべきスキンケアアイテムは?

秋から冬にかけては、乾燥が原因で肌がゴワつきやすく、角質が厚くなってしまいがち。そんな肌に対していつも通りのスキンケアをしても、今までと同じように効果を感じられない場合もあります。そんな乾燥がまねく肌の不調時のお役立ちアイテムこそが、 オイル。オイルをスキンケアの最初に肌に薄く馴染ませることで、ゴワつきやカサつきが気になる肌を柔らかくほぐしながら、肌のキメを整え、その後の化粧水や乳液のなじみをよくしてくれます。また、オイルを塗ることで肌のバリア機能も高めることができるので、乾燥に悩まされている時の救世主になりえるのが「スキンケアの最初のオイル」なのです。


■オイルを塗るポイント3つ

そうは言っても「ベトつきそう」とか「脂っぽくなりそう」というデメリットも気になるオイル。上手に塗りこなすためのポイントを、3つご紹介します。


(1)洗顔後の肌に直接つけよう

オイルを上手に肌になじませるためにも好ましいのは、親水性のオイルを洗顔後の清潔な肌に直接つけること。顔に塗る前に手のひらでオイルを温めることで、浸透率がアップ。さらに時間に余裕があるときは、オイルを塗りながら優しく顔をマッサージして肌をほぐすようにすると、むくみやくすみの予防にも。


(2)ホホバオイルやアルガンオイルのような肌に優しいものがおすすめ

もちろん、最初に肌に塗るオイルはどんなものでもいいという訳ではありません。親水性のものや、オイル美容液などのスキンケアに使用することを前提として発売されているものを選ぶようにしましょう。また、ホホバオイルやアルガンオイルといった、美容効果の高いナチュラルなオイルもおすすめです。


(3)肌に馴染ませた後、軽くティッシュで押さえればベトつき防止に

オイルを塗ることによるベトつきが気になる場合は、スキンケアの最初にオイルを馴染ませたら、化粧水や乳液を塗る前に、一度ティッシュで押さえるのも有り。その際は強くこすらず、優しくティッシュで押さえることで、必要以上に顔にオイルがついてしまった状態になる自体を防ぐことができます。


これからの季節には、オイルでケアして乾燥知らずの肌を目指したいですね。


(前田紀至子)


【関連記事】

・結局ハマるのはコレ!「イイ女御用達」オイル美容アイテム3選

【参考】

※季節の肌のお手入れ – インプレス – カネボウ

※スキンケア – 大島椿

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング