やっていない人がほとんど!?美髪への近道は●●だった

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月13日 21時30分

写真

シャンプー前にブラッシングをしていますか? シャンプーもコンディショナーも、トリートメントもこだわりのものを使っているのに、髪に元気がない……という人は、ブラッシングが足りていないのかも。今回は、美髪を育むブラッシングの方法をご紹介します!

■あなどれないブラッシングの効果

ブラシを使うのは、「朝寝グセを直すときだけ」という人も多いのでは? 実は、ブラッシングには、スタイリングを整えること以外にも嬉しい効果がたくさんあるんです。


〈ブラッシングの効果〉

・髪と頭皮の汚れを落とす

もつれや絡んだ髪をほぐすのはもちろん、髪に付着したほこりやフケを落とす整髪効果があります。

・髪にツヤをもたらす

根元から毛先に向けてブラッシングをすることで、髪全体に皮脂が行き渡り、ツヤのある髪に整える効果も。

・頭皮の血行を促す

3つ目は、マッサージによる血行促進効果。ブラッシングで血行を促進することで、髪全体に栄養が行き渡り、発毛・発育を促します。


〈効果的なブラッシングの方法〉

1. 髪がパサついているときは、ブラッシング前に保湿ミストやオイルで保護をしましょう。滑りが悪いと、枝・切れ毛の原因になるので要注意!

2. 次に、毛先のもつれを優しくほぐしていきます。絡んでいる部分は手を添えて丁寧にといてくださいね。

3. 毛先がほぐれたら、真ん中、根元と徐々に上にブラシを移動します。

4. 最後に髪の根元から毛先に向けて全体をブラッシングします。ゆっくりとソフトなタッチで繰り返すのがポイント!


定期的にブラシのお手入れをするのも忘れずに
美髪を育むためのブラッシングですが、ブラシそのものが汚れていたら効果も半減。定期的に洗って清潔に保つことも大切です。


〈ブラシのお手入れ方法〉

洗面器にぬるま湯をはり、少量のシャンプーを加え泡立てておきます。そこにブラシを入れて軽く動かしながら汚れを落とします。汚れが落ちたら十分にすすぎ、毛の部分を下に向けてタオルの上に置いて乾かします。完全に水分がなくなるまでよく乾かしましょう。


忙しいとついつい省いてしまいがちなブラッシングですが、秋の夜長、好みのアロマでも焚きながら、リラックスした気持ちで丁寧に髪のお手入れをしてみませんか?


(LBR編集部)


【関連記事】

・あなたの髪が悲鳴をあげている!?夏で疲れた髪をいたわるポイント3つ

【参考】

育毛レッスンvol.48 ブラッシングで豊かな髪づくり – 女性のための育毛講座

ブラシのお手入れ – メイソンピアソン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング