簡単!首マッサージで秋の美肌と美髪のケア

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月12日 19時0分

写真

クーラーで体が冷えたり、汗で体内の水分が少なくなるせいで、夏から秋にかけては意外と血行が悪くなりがちなのだとか。血行が悪くなるとお肌も髪も栄養不足の状態になります。そこで今回は、首周り・肩の血行を良くして美肌と美髪を作る方法をご紹介します。

■血流によって栄養が運ばれ、皮膚と髪に届く

皮膚の下には血管が網目状に走っていて、皮膚や毛に栄養を届けています。血管によって運ばれた栄養は、細胞が活動するための燃料として使われ、その燃えカスは、今度は静脈に乗って排出されます。燃えカスが残っていると、お肌の老化を早めてしまうので、10年後・20年後のお肌のためにも、首・肩周りの血行は大切と言えるでしょう。

■血行が悪くなれば、肌も痛み、髪も美しく育たない

血流が悪くなると栄養が肌や髪にきちんと運ばれなくなり、燃料不足となって、きちんと働きができなくなるそう。そのため潤いもなくなり、肌と毛が美しく育ちにくくなります。特に、体の末端にある髪は中国医学では「血の余り」といって、血の量が十分にあり、血流も滞らなければ、髪にもしっかり栄養が行き届いて、すこやかな状態が保たれると考えられています。

■首・肩周りの血行を改善

冒頭でお話ししたクーラーなどの影響の他、PCやスマートフォンで、目を酷使することが多くなった現代では、首や肩こりで悩む人が多くなっています。肩・首・顔は1枚の皮で繋がっているので、血流が顔へ向かう途中にある肩や首が凝ると、きちんと栄養が運ばれなくなってしまうのだそう。そこで、首・肩周りをほぐすマッサージをご紹介します。皮膚を痛めないように、美容液やオイルなどを塗ってから行うのがポイント。

(1)まずは、首をゆっくり左右に5回ずつ回します。

(2)後の首の付け根から肩に向かって下に血を流すように、10回ほど撫でます。


(3)首の横を手のひらで包み、上から下に10回ほど撫でるようにおろします。


(4)鎖骨の下と上を肩側から首に向かって5回撫でます。

肩こりが気になる時だけでなく、寝る前の習慣にしてもよいかもしれませんね。美肌と美髪のためにも、簡単にできるので試してみてください。

(LBR編集部)

【関連記事】
・血流UPがポイント!炭酸美容家オススメの肩こり解消法3つ

【参考】
※安田利顕著(2010)『美容のヒフ科学』南山堂

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング