そのマスカラ大丈夫!?美まつ毛のためにチェックしたいマスカラ成分3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月30日 12時0分

写真

化粧品の中でもマストアイテムの一つと言えるマスカラ。しかしひとくちにマスカラとは言っても、ボリュームがウリのものやウォータープルーフのものなど様々なタイプや成分のものがあります。みんながまつ毛に求めるポイントとは一体どんなものなのでしょうか?

■マスカラはコスメの中でも必須アイテム

株式会社ネイチャーズウェイの調査によると、「普段マスカラをよく使いますか?」という質問に対し、「はい」80%(777名)、「たまに使う」18%(176名)、「いいえ」2%(14名)と、マスカラを使わない人は皆無であることが明らかになりました。また、「マスカラにのぞむことは?」という質問に対し、「長さ」37%(357名)、「ボリューム」34%(331名)、「落ちにくさ」14%(135名)という結果になりました。さらに、マスカラを使用する際に気になることは「有害そうな成分が入っていないか」、「美容成分が入っているか」、「まつ毛に負担がかからないか」、「落としやすいか」、「色素沈着しないか」などで、目に近い部分に毎日塗るものであるだけに、マスカラに含まれている成分が気になるという声も少なくないようです。

■なりたいまつ毛別おすすめ成分

(1)まつ毛ケア成分

目力に重きを置くメイクが主流ゆえに、マスカラの重ね塗りやまつ毛エクステが原因で「まつ毛が傷む」、「まつ毛が抜ける」といった素まつ毛の悩みが増えている昨今。キューティクルを補修したり、保湿成分が配合されているものを選んで、マスカラを塗りながらまつ毛をケアすることができそうです。

(2)ロングラッシュ成分

まつ毛が痛んで、短くなってしまっているのが悩みの人にとってありがたいは、やっぱりロングラッシュ成分。長さを出すタイプのマスカラを塗布する場合は、ロングファイバーや繊維が軽量なものを選ぶことで、重ね塗りをしてもまぶたに負担がかかる心配が軽減できるメリットが。

(3)お湯で落とせる成分

マスカラを塗るにあたって気になるのは、塗るときだけではなく、落とすときも同じ。クレンジングを使わなくてもお湯で落とせるタイプのものを選ぶことで、メイクを落とす際にまぶたをこすらなくても良く、まぶたにとってのダメージを回避することができます。目元の皮膚は薄く、毎日のメイク落としで目元をこすってしまうと皮膚にとって確実にマイナスだからこそ、美肌のためにもお湯で落とせる成分は逃したくないところ。

毎日欠かさず塗るものだからこそ、自分の肌や瞳にとって相性が良く、求める効果と合致するものを選びたいものですね。
(前田紀至子)

【関連記事】
・ウォータープルーフでも落ちて当然だった!マスカラで「パンダ目にならない」コツ3つ

【参考】
※マスカラについてのアンケート結果 – 株式会社ネイチャーズウェイ
※インテグレートプレスリリース – 資生堂株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング