抗ストレスや女性ホルモンにも超重要!食事で副腎をいたわるポイント3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月7日 21時0分

写真

仕事や人間関係で、ストレスを避けては生きていけない私たち。そんな悪しきストレスから私たちを守ってくれる臓器こそが副腎なのです。疲れやストレスによるダメージで崩れる体を支える縁の下の力持ち、副腎をいたわるためのポイントをご紹介します。

■女性ホルモンや卵巣機能にも超重要な副腎

抗ストレスホルモンを分泌して、私たちの身を守ってくれている副腎。左右の腎臓の上の後腹膜腔とよばれるところにあり、女性の握りこぶし大ほどの小ささながら、体の恒常性を保つために重要なホルモンを分泌する臓器です。副腎皮質は、コルチゾールとアルドステロンと呼ばれるホルモンを生産しています。コルチゾールは主にストレスから体を守り、アルドステロンは塩分やカリウム、水分のバランスを保つ働きがあります。ストレスは女性ホルモンを正常に保つにあたって最大の敵であるとともに、私たちの肌や体をすこやかに維持するためにもコルチゾールやアルドステロンの分泌はなくてはなたないからこそ、ときどきは副腎を気にかけて、いたわることが大切です。


■副腎をいたわる食事のポイント3つ

(1)気のおけない人とリラックスしながら食べる

日々の生活は副腎をいたわるためにも大切なポイント。家族や気のおけない友人、パートナーなどと、リラックしながら食べることで、副腎を守りながら栄養を摂取することができます。


(2)アルコールやカフェイン、ジャンクフードは控えめに

コーヒーやアルコール、塩味のきついものや脂っこいものは副腎にダメージを与えてしまいます。ストレスが溜まっている際は、これらのものが恋しくなりますが、食べれば食べるほど副腎を疲れさせてしまうので、ストレスを感じている状態の時こそ、カフェインやアルコール、ジャンクフードといったものは控えましょう。


(3)和食中心の食生活を

副腎から分泌されるホルモンをサポートしてくれる栄養素は、玄米や大豆製品、根菜類や魚類など和食に登場するものがほとんど。ストレスを感じがちな時こそ、副腎をサポートしながら心をほっと和らげる和食がおすすめです。


副腎は普段あまり聞きなれない臓器ではありますが、健やかな心身や女性ホルモンのためにも重要だからこそ、気にかけてあげたいものですね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・その肌荒れ、「ストレスが原因」かも!? リラックス美人になれる食べ物3つ

【参考】
※疲れ、たまっていませんか?食べるストレスケアで心もからだも健康に! – からだカルテ – TANITA
※副腎とは – 名古屋大学医学部付属病院

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング