放っておくと大変!?実は一番抜け毛が多いのは秋!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月11日 21時30分

写真

秋は、夏の間に受けたダメージの影響で、抜け毛が一番多くなる季節。気温の低下や乾燥によって皮脂の汚れが溜まりやすくなったり、フケが増えたりすることも。そのまま放っておくと、ハリやコシまでもが失われてしまいます。そうなる前に、しっかりケアして地肌力を上げ、きれいな髪をキープしましょう。

■秋の抜け毛は2倍以上!

肌だけではなく、頭皮にも容赦なく降り注いだ強力な夏の紫外線。顔や体にはUV対策を怠らない人も、うっかり忘れがちなのが頭皮のケア。帽子や日傘を使わずに炎天下で過ごしたり、冷房に直に当たったり、海やプールでダメージを受けたりといった夏のツケが現れるのが、秋なのです。抜け毛の量は、なんと通常の2倍以上にも! さらには、偏食や運動不足、夜更かしなど生活習慣の乱れも、抜け毛を増やすとともに、髪の成長サイクルを妨げて、ハリやコシを失わせる要因になるといわれています。


■気温が下がって、毛穴の詰まりの原因に!?

秋になると急激に気温が下がることで、空気中の湿度も低下します。気温が高い時期は表面に浮き上がりやすい地肌の汚れも、空気が乾燥すると地肌に付着しやすくなり、毛穴の周囲にかたまってついていることも。毛穴に溜まった皮脂には雑菌が繁殖しやすいため、そのまま放っておくと頭皮のコンディションを悪化させ、フケやかゆみのもとに。フケが増えると、育毛を阻害すると同時に、頭皮のニオイの原因にもなってしまいます。


■地肌力を上げて、乾燥の季節に立ち向かう!

乾燥がますます進む冬は、頭皮にとっても過酷な時期。その前に、夏のダメージをしっかりリセットし、頭皮のターンオーバーを整えて、地肌力を回復させておきましょう。

(1)頭皮にも十分な潤いを!

乾燥しがちな頭皮には、肌同様に保湿ケアを忘れずに。洗い流さないトリートメント剤やヘアオイルなどを使って、髪にも地肌にもたっぷりの潤いを。


(2)ブラッシングで頭皮を刺激

地肌を傷めないよう毛先が丸くなったブラシを使って、ブラッシングしながら頭皮を軽くたたいたり、押したり。優しい刺激で、血行を促してあげましょう。


(3)蒸しタオルで頭皮エステ

洗髪後に、蒸しタオルで頭皮と髪のリラックスタイムを。濡らしたタオルをラップに包んで、電子レンジで1~2分温め、頭に巻きます。トリートメント剤を髪に行き渡らせるとともに、地肌の血行促進効果も。


頭皮は顔の肌とつながっている場所だから、しっかりケアすれば肌にも好影響。艶めく髪と美肌を同時に手に入れちゃいましょう!


(LBR編集部)

【関連記事】
・なんとなく避けてない?シリコンシャンプーのメリット・デメリットに迫る

【参考】
※夏のダメージを引きずらない!秋から「地肌力」を底アゲ!
※エイジング 秋の髪と頭皮お悩みベスト3!
※アンファー 

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング