痩せないのは冷えが原因かも!?食べてポカポカできるおやつ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月7日 12時0分

写真

女子を悩ませる冷え。手足が冷たいと身体がツライだけでなく、身体の隅々まで血液が行き届かなくなることで、お肌の細胞に酸素と栄養が届かず、乾燥やくすみの原因になってしまいますね。美肌の大敵の冷えですが、実はダイエットにも影響が! 頑固な脂肪やむくみは、冷えが原因かも知れませんよ。


■冷えると代謝がダウン!?

イシハラクリニックの石原副院長によれば、1度体温が落ちると基礎代謝は12%下がってしまうそうです。同じものを食べても。1割増しで太りやすくなってしまうということです。
また、体温が1度下がると免疫力が30%下がると言われています。乾燥するこれからの季節、ウィルスに負けないためにも気を付けたいですね。


■冷えが冷えを招く!?

冷えの原因の一つに、血行不良があるのですが、血液の流れが滞ると本来静脈やリンパ管に戻って排出されるべき老廃物や余分な水分がスムーズに排出されません。細胞間に余分な水分が溜まってしまうと、むくみとなるだけでなく、水分が溜まることで更に冷えやすくなってしまいます。そして、冷えることで血流が滞る→水分が溜まる→冷えの悪化、という悪循環に陥ってしまい、ますます基礎代謝が低下して、太りやすい体質になってしまうのです。


■冷えたら食べて!血流UPおやつ3つ


(1)生姜糖

生姜を加熱することで生れる「ショウガオール」という成分には、身体を内側から温め血流を改善する効果があります。ただし、市販の生姜糖は砂糖が多く使われていますから、食べ過ぎには注意しましょう!


(2)クルミ

クルミに含まれるオメガ3系脂肪酸には、血管を柔らかく保ち血流を改善する効果があります。また、クルミに含まれるビタミンEには、血管の収縮を促す神経伝達物質の発生を抑えて毛細血管を広げる働きがありますから、ダブルで血流の改善をサポートします。


(3)ダークチョコレート

カカオに含まれるポリフェノールには、血管の収縮を担う血管内皮細胞を活性化させ、血管を拡張させる効果が判っています。冷え取りのために食べるのであれば、カカオ含有量の高いダークチョコレートがオススメ。

冷えが冷えを呼び、代謝を悪くしてしまう悪循環。むくみや冷えを感じたら、身体を内側から温めるおやつと一緒に、ストレッチなど軽い運動で筋肉を刺激して血流をスムーズに保ち、冷えも脂肪も撃退したいですね!

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・やっぱり生姜!冷え・便秘・むくみ 3大トラブルには●●生姜を食べてみて!

【参考】
※チョコレート・ココア健康講座 - 日本チョコレート・ココア協会
※成分情報 ビタミンE – 株式会社わかさ生活
※からだがキレイになる「温め方」と「ヤセ方」 - からだにいいこと 2014.12 祥伝社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング