お風呂で美活!バスタイムにキレイをチャージしよう

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月3日 21時0分

写真

寒くなってくると、恋しくなるのが温かいお風呂。でも、汚れを落とすだけじゃもったいない! バスタイムを利用して、1日の疲れをいやしながら、明日のキレイも目指しましょう!

■入浴と美肌のふか~い関係とは?

お風呂でキレイになれるのは、汚れを落とすからだけじゃありません。「お湯に浸かる」ことで、大きく3つの物理作用が働くため、シャワーだけでは得られないさまざまな効果が期待できます。

(1)温熱作用

お湯に浸かって体が温まると、血管が広がって血流がアップ。体内の老廃物や疲労物質を排出しやすくしてくれます。また、内臓の働きを助けたり、自律神経をコントロールする作用もあるため、ホルモンバランスも整えてくれます。

(2)水圧作用

お湯の中ではウエストが3~6cm細くなるほどの水圧がかかります。それにより、静脈の血液やリンパ液が心臓に押し戻されてくるため、心臓の働きが活発になり、全身の血行がよくなります。

(3)浮力作用

水中での体重は、空気中に比べて約1/9。ふだん体を支えている筋肉や関節もほぐれて、心身ともにリラックスできます。

特に、美肌女子にうれしいのは温熱作用。温まって毛穴が開くことで、毛穴に詰まった皮脂や汚れが柔らかくなって浮き出すほか、古くなった角質が無理なく落とせるため、化粧品の浸透がよくなる効果も。


■目的にあった入浴法でキレイを磨こう!

ひと口に入浴といっても、湯温や時間、湯量などによって体への影響はさまざま。女子におすすめの、効果的な入浴法をご紹介します。


●冷えをやわらげる入浴法

血行不良のほかに、ストレスで交感神経が高まっている時にも冷えは起こります。お風呂の浮力によるリラックス効果と、水圧による血行促進効果で、どちらの冷えも解消しちゃいましょう。40℃くらいのぬるめのお湯で15~20分、しっかり全身を浸からせて。


●食欲をコントロールする入浴法

お腹が空きやすいのは、内臓に血液が集中している時。食事の直前に41℃ほどの少し熱めのお湯に5分、肩までしっかり浸かりましょう。その後、髪や体を洗うなど休憩を入れながら5分入浴を2、3回。目安はひたいに汗をかくくらい。しっかり体を温めることで、血液が体表面を循環するため、食欲が落ち着きます。

入浴中は血行がよくなるので、スキンケアには理想的。コットンに化粧水を含ませ、鼻と口をのぞいた顔に置きます。その上に鼻から上と下に分けてラップを乗せ、2~3分。リラックスしながら、うるうる肌のできあがり! ぜひ、試してみてください。

(LBR編集部)

【関連記事】
・毛穴を詰まらせる!?逆効果になるかもしれないお風呂美容3つ

【参考】

※美肌のための入浴法 – 株式会社バスクリン
※入浴の効果 – 株式会社バスクリン
※食欲を抑制する入浴法 – 株式会社バスクリン
※リラックス入浴法 – セントオリエント

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング