手軽さも美容も諦めたくない!上手にコンビニご飯を活用するポイント

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月23日 19時0分

写真

忙しい時や時間がない時の味方、コンビニご飯。手軽に買って食べられるがゆえに、とっても便利ではありますが、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうのもまた事実。そんな後ろめたさを解消して、美肌に近づくためのコンビニご飯活用ポイントをご紹介します。

■コンビニご飯も工夫次第で美肌ご飯に

コンビニのご飯というと「不健康」というイメージがありますが、すべてにカロリー表記があるのはもはや当たり前。さらに、最近は女性に必要な栄養を選りすぐったメニューや、有機野菜を使っているもの、保存料が無添加のものなど、体にとってよいものも少なくありません。コンビニご飯を購入してプラスチック容器のまま食べるのではなく、器に移したり、一手間加えて食べると罪悪感も軽減できるので、うまく活用してコンビニご飯を美肌飯に変えたいところ。


■朝昼夜別コンビニご飯活用ポイント

朝:代謝アップとたんぱく質の摂取がキーポイント

1日のスタートを切る食事だからこそ、きちんと食べてエネルギーを補充したい朝ごはん。おすすめはヘルシーな春雨や海藻を使っているカップスープ。この頃はカップスープの種類も豊富ですが、生姜入りやキムチスープなど代謝を高めてくれるものを選ぶことで、日中の代謝スイッチを入れることができます。さらに、温泉卵や納豆を一緒に食べることでたんぱく質も抜かりなく摂取。


昼:チョイス次第で美肌定食に!?

オフィスでお昼ご飯を食べる場合、レンジがあるのであれば温めて食べるタイプのレトルトご飯がおすすめ。白米より玄米の方がミネラルや食物繊維が豊富なので、玄米タイプを発見したらすかさず選びたいところ。レンジがない場合は昆布や梅干しといったヘルシーおにぎりがおすすめ。そこにプラスしたいのがおでん。体を温める働きがある大根やコラーゲンたっぷりの牛すじ、ミンチ肉をキャベツでぐるりと巻いたロールキャベツなどを選べば立派な美肌定食に。


夜:惣菜に一手間加えることでヘルシー度倍増

夕食や晩御飯にコンビニのご飯をそのまま使うことに少し罪悪感を感じる場合は、素材を活用するという発想で使いこなすのがおすすめ。たとえば「◯◯種類の野菜を使っているサラダ」というように豊富な食材のサラダはカット野菜の感覚で、キッシュやオムレツの具材にしてみたり、他の食材と組み合わせることによって、料理のバリエーションも栄養バランスもアップします。


コンビニご飯も考え方や使い方次第で、食生活をよりよくして美肌へと導いてくれるかもしれませんね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・全部コンビニで買えます!食べ過ぎ飲み過ぎをリセットできるご飯3つ

【参考】
※ダイエット中の席朝族におすすめ!コンビニで朝食を選ぶコツ – からだカルテ – タニタ
※コンビニ惣菜でスピード料理 – 暮らしのヒント – 四国電力株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング