夜中だって大丈夫!お肌もカラダも喜ぶスイーツは『ゼリー』

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月20日 21時0分

写真

夜中のスイーツは、お肌のためにも、ダイエットのためにも良くない……とわかっていても、どうしても食べたい時もありますよね。そんな時に、おすすめのスイーツが『ゼリー』です。水分が多いゼリーは、少ない甘味料でも甘く感じるそうですよ!

■水分と甘味の関係

水分の多い食べ物は、口の中で動いて広がるため、舌の味を感じる部分である「味蕾」で味をとらえやすく、味を強く感じることができます。果物の中でも甘味を強く感じる柿でも、糖分は15%で、一般的なお菓子に比べ糖分が少ないにも関わらず、水分が多く口の中に味が広がるために甘味を強く感じるのだそう。


■『ゼリー』がおすすめな理由2つ


(1)ゼラチンで美肌

ゼラチンは、豚や魚のコラーゲンから抽出して作られたコラーゲン食材。ゼラチンとコラーゲンには、分子レベルに違いがあるものの、食品として摂取する分には同じと考えられるのだそうです。
「すごい!ゼラチンふりかけ健康レシピ」の監修者である朝日大学の藤野准教授も、ゼラチンを摂るようになって肌の調子が良くなったとのこと。即効性はないようですが、続けることで美肌効果が期待できそうです。


(2)寒天で腸内環境美化

寒天は、天草と呼ばれる海藻から作られた水溶性食物繊維の多い食べ物です。その約8割が食物繊維という含有量の多さ。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり善玉菌優勢の腸内環境を作り、毒素や老廃物を吸着して排出をスムーズにして腸内環境美化に役立ちます。


■おうちで簡単!ビューティーゼリーレシピ


<冷え取りゼリー>

【材料】

ジンジャーティ 200cc

黒糖 小さじ1

粉ゼラチン 5g

【作り方】

1.粉ゼラチンに熱湯50ccを加え、ふやかしておきます。

2.ジンジャーティを温め、黒糖とゼラチンを溶かし、冷やし固めます。
ゼラチンを加えた後沸騰させてしまうと、固まらなくなってしまうので、沸騰させないように注意しましょう。

ココがビューティ! なポイント

生姜含まれるジンゲロールが、加熱乾燥することで変化したショウガオールを多く含むジンジャーパウダーは、身体を内側から温め、冷えを解消。黒糖は、ミネラル分が多いためスムーズな血流のサポートに。

<お肌うるおいゼリー>

【材料】

ローズヒップティ 200cc

ハチミツ 小さじ1

粉ゼラチン 5g

【作り方】

1.粉ゼラチンに熱湯50ccを加えふやかしておきます。

2.ローズヒップティを温め、ハチミツとゼラチンを溶かし冷やし固めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング