簡単だけど意外とやっていない!?今日から始められる乾燥対策3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月26日 19時0分

写真

乾燥対策に本腰が入る今日この頃。今日は、意外にも盲点となりがちな乾燥対策をご紹介します。お金もかからず、すぐに始められるようなものばかりですので、早速チェックしてみませんか?

■意外なことが乾燥対策に

肌や首元、腕や手など、冬場になるとあらゆる部位が一気に乾燥しやすくなります。しかしながら、日常生活の中のちょっとした工夫次第で、乾燥による「カサつき」「かゆみ」「粉ふき」などといった肌トラブルは、意外なほど簡単に予防・解消できるんですよ。見過ごしがちな乾燥対策を頭に入れておき、日々の積み重ねで肌を乾燥させないことが大切です。


■簡単に始められる乾燥対策3つ

(1)睡眠をしっかりとる

睡眠と美肌は切っても切り離せない関係ですが、乾燥対策においても、質のよい睡眠はマスト。睡眠不足が続き、肌に疲れが蓄積されてしまうと、肌のバリア機能は低下し、必然的に乾燥肌になりやすくなってしまいます。夜のスキンケアで保湿を入念にしたら、なるべく早く眠るようにしましょう。


(2)暖房をつける際は加湿器も同時にオン

乾燥していると室温が低く感じてしまい、暖房の温度を上げてしまいがちですが、これはまさに悪循環そのもの。暖房が効いている部屋の場合、湿度が下がってしまうことも少なくなりませんが、これは肌にとってもダメージ大。湿度を50~60%程度にしておくことで、室温を低めに設定しても、寒さを感じずに済みますので、暖房をつける場合は、加湿器も同時につけるクセをつけましょう。加湿器がない場合は、洗濯物を部屋干しにすることで、経済的に湿度を保つことができますよ。


(3)お風呂の温度を1〜2度下げる

冬場は熱めのお湯に浸かりたくなりますが、湯温が高いお風呂だと、身体にとって必要な皮脂までも奪い去ってしまい、乾燥を助長することになってしまいます。肌の乾燥を感じたら、湯温をいつもより1〜2度下げてみるとよいでしょう。また、お風呂上がりはボディクリームよりも保湿力の高いボディオイルにシフトするのも効果的です。


どれもすぐに始められる乾燥対策ばかりですので、早速試してみてはいかが?


(前田紀至子)

【関連記事】
・0円美容!乾燥しがちな冬に潤い美肌をつくる意外な方法

【参考】
※肌トラブルの予防法 – タケダ健康サイト – 武田薬品工業株式会社
※乾燥肌は保湿修復で治そう – ムヒ – 池田模範堂

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング