末端冷え性さんにおすすめ!納豆の冷え取りパワーが凄い

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月4日 21時0分

写真

冷え取りと言えば、ショウガやココアが有名ですが、忘れてならないのが『納豆』。納豆にしか含まれない「ナットウキナーゼ」という成分や、フィトエストロゲンとしてお馴染みの「大豆イソフラボン」が冷え取りに効果があるようですよ!

■『納豆』の冷え取り成分2つ

(1)ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分で納豆菌によって発酵することで生れる納豆にしか含まれないタンパク質分解酵素。ナットウキナーゼは、血液中で血栓の元となるタンパク質を分解して血液をサラサラに保ち、血流を改善する作用があることがわかっています。


(2)大豆イソフラボン

大豆に含まれるフィトエストロゲン「大豆イソフラボン」。大豆イソフラボンには、赤血球がくっついて血液がドロドロになってしまうのを防ぎ、末梢部の血流を改善する作用があるそう。
本来、大豆イソフラボンは、糖と連なった配糖体のグリコシド型イソフラボンという形で存在するため、腸内細菌によって糖が切り離されてからでないと吸収できず、吸収率は個人の腸内環境によるところが大きいのですが、納豆に含まれる大豆イソフラボンは、発酵過程で糖が切り離された吸収の良いアグリコン大豆イソフラボンが含まれています。
吸収率が約3倍も違うそうですから、美肌作りのためにも大豆イソフラボンは納豆で摂って◎。


■チョイ足しで冷え取り納豆にできる食材

(1)ネギ

ネギやニンニクに含まれる「硫化アリル」には、血液の流れをスムーズにする効果が認められています。


(2)ショウガ

手足など末端の冷えが気になる方は、末端の血流改善に効果のある「ジンゲロール」を多く含む生ショウガを。身体を芯から温めたい方は、身体深部の体温を上昇させる効果のある「ショウガオール」を多く含んだショウガを加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーを使いましょう!


(3)玉ねぎの皮

玉ねぎの皮に多く含まれる「ケルセチン」にも血流の改善効果が。玉ねぎの皮の粉末は、スーパーなどで買うことができますから、ぜひチャレンジしてみて!


(4)オリーブオイル

悪玉コレステロールを減らし、血液の流れをスムーズにする効果のあるオレイン酸たっぷりのオリーブオイル。納豆と混ぜると、独特の匂いが減りますから、納豆の匂いが苦手な方にもおすすめ。


(5)アンチョビ

アンチョビは、イワシを発酵させて作られた発酵食品。発酵食品は、身体を温める食べ物と言われています。また、イワシなどの青魚に含まれるEPAやDHAにも、血液をサラサラに保つ効果があり、冷え取り効果が期待できそう!

美肌作りに役立つ大豆イソフラボンが、冷え取りにも効果的とは意外でしたね。冷え取りにも美肌作りにも役立つ納豆。1日1パックの納豆を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】
・朝じゃなくて夜! キレイになりたいなら「夜納豆」な理由って?

【参考】

※納豆の機能性をアピール - 日本食品機能研究会

※血流改善作用 - イソフラボン倶楽部

※大豆イソフラボンアグリコン - キッコーマン株式会社

※成分情報 ナットウキナーゼ - 株式会社わかさ生活

※成分情報 ねぎ – 株式会社わかさ生活

※成分情報 ケルセチン - 株式会社わかさ生活

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング