冬のくすみ肌を撃退するための朝昼夜別ケアポイント

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月15日 12時0分

写真

紫外線の量は減っているはずなのに、白くならないばかりかどんよりとくすむ冬の肌。冬に顔がくすんでしまう原因と朝昼夜別のケアポイントについてお話ししたいと思います。

■くすみ肌の原因は血流の低下や冷え

冬場は夏に比べて紫外線量が少なくなるため、肌の色自体は明るくなっていきます。しかしながら、気温の低下によって血行や代謝が滞ることで肌はどんよりくすんでしまいます。また室内の暖房も肌の潤いが奪われやすく、乾燥を繰り返すことで、肌のカサつきだけではなく肌荒れやくすみにも拍車がかかってしまいます。冬のくすみ肌を防ぐためには、血流の滞りと乾燥は天敵というわけです。


■くすみ肌を撃退する朝昼夜別ケアポイント

朝:メイクの前に顔の温めマッサージ

朝のメイクの前には、頭皮をマッサージしたり、血流を促すアイマスクなどで、まずは血行の促進を。くすみとむくみを取り除いてからスキンケアやメイクをすることでスキンケアアイテムも浸透しやすく、日中のくすみや乾燥の改善にもつながります。


昼:仕事の合間に首回しや耳モミ

日中の立ち仕事やデスクワークで肩がこったり、疲れが出ていると、どうしても血の流れが滞ってしまいがち。仕事の合間に首を回したり、耳をマッサージして、コリとくすみを解消しましょう。昼間に滞ってしまっていた血流が良くなると、くすみを隠すためのメイク直しもしなくて済むかも。


夜:お風呂上がりにシートマスク

冬場は特有の冷たさを敬遠して、シートマスクの頻度が下がってしまう傾向にありますが、乾燥によって顔色が冴えなくなってしまう冬こそ、シートマスクで水分をしっかりとチャージしたいもの。冷たさがつらいと感じる場合は、入浴時に袋ごと湯船に浸けてパックを温めると良いでしょう。


生活の中のちょっとしたケアポイントを押さえるだけで、冬場もくすみ知らずで過ごせるようですね。


(前田紀至子)

【関連記事】
・目元の乾燥やくすみが気になり始めたら●●を飲んで解決!

【参考】
※お肌のハリを保つ 血行促進のポイント – スギ薬局
※美肌暦 – 株式会社コーセー

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング