パーティー前にできたニキビに!やってはいけないウワサの即効ケア

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月8日 20時0分

写真

年の瀬がやってくると、続々と増えるクリスマスや忘年会などのパーティー。日頃の生活習慣や美肌ケアは特に欠かせない時期です。けれど、年末で忙しいこの時期は、疲れもたまりやすく、体調を崩しやすい時期でもあります。ニキビができてしまうこともあるかもしれません。でも、もしパーティーを控えている数日前や前日などに、ニキビができてしまったことに気づいたらどうしますか? 慌ててやってしまっているそのケア方法、実は余計に悪化させるNGケアであることもあるのです!

■ニキビをつぶす・消毒する

パーティー前に発見したニキビ。大至急治したくて、思わず「エイッ!」とつぶしてしまった経験はありませんか? 確かにニキビはつぶせば見かけ上は綺麗になるかもしれませんが、実は肌に大ダメージを与えてしまうのです。

爪でつぶすと特に周辺の皮膚まで傷つけてしまい、指の雑菌が元で炎症を起こす可能性があるだけでなく、跡が残ってしまう可能性も大。また、ニキビに消毒液を直接塗るという緊急ケアをする人もいるそうですが、これもNG。「ニキビはアクネ菌が原因だから」といっても、炎症を抑えるだけでその場しのぎの対処にしかならず、すぐに完治できるわけではないと言われています。


■皮脂を取り除きすぎる

ニキビといえば、油っぽいのが原因だと感じてしまい、早く治そうと一生懸命洗顔したり、油取り紙などでせっせと皮脂を取ろうとしたことはありませんか? 実はこの皮脂の取りすぎもNG。

大人のニキビは、乾燥が原因のことが多いと言われているので、ニキビ対策として皮脂を取りすぎるのは避けましょう。洗顔後には十分に保湿して、皮脂分泌量のコントロールを心がけるほうが大切です。


■ニキビを恐れての「油断ち」

ニキビは皮脂の過剰分泌によってできやすくなると言われています。このことから、勘違いして油を一切食べないという対策をしてしまっていませんか? この「油断ち」は肌にとってかなりリスクのある行為なのです。油を極端に減らすと、まず肌がカサカサになり、かゆみが出てくることもあります。人体に悪い油と言われているトランス脂肪酸を含むマーガリンやスナック菓子、インスタント麺などは避けて、いい油を選ぶようにしましょう。特にオメガ-3系脂肪酸が多く含まれるアマニ油などを選んで摂るようにするといいそうですよ。


ニキビの速攻ケアとして、間違った方法をしている人は、今すぐやめて、パーティー前にニキビや肌を悪化させないようにしましょう!


(LBR編集部)

【関連記事】
・自己流ってキケン!97%の女子の肌に「ニキビ予備軍」が潜んでいると判明

【参考】

※ニキビは徹底消毒!…は大間違い? – 相澤皮フ科クリニック
※Part3 油をもっと取れ!美味しく健康になる油調 – NIPPN アマニ情報
※ニキビの対処法 – 健康キレイナビ – LION

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング