ライフスタイルで改善!冷え解消法まとめ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月11日 21時0分

写真

寒さが厳しい今日この頃、みなさん冷え対策は万全ですか? 手足が冷たくて困っているという女子必見! ここでは、今年LBRで公開した記事の中から、人気の高かった「冷え解消テク」をまとめてご紹介します。「ライフスタイル編」「食事編」の2回に渡りご紹介するのでお見逃しなく。

■あなどれない! 「湯たんぽ」で冷え解消

今どき湯たんぽ? と思った方、あなどるなかれ。湯たんぽはとってもエコでパフォーマンスが高いんです!

〈湯たんぽをフル活用する際のおすすめテクニック〉

・入浴前に湯たんぽで体を温める

お風呂の前に湯たんぽで体を温めて冷えとりをすることで、体温とお風呂のお湯の温度差が縮まり、お風呂の中でのぼせにくくなります。また、それによって更に高い入浴効果が得られます。

・眠る前に先にベッドに湯たんぽを入れておく

睡眠20~30分前に湯たんぽをお布団の中に入れておけばぽかぽかお布団で眠れます。お尻の位置に入れておくことで足の冷えを防ぐことが出来ます。

・肩こりが気になる際は肩のまわりにあてよう

あまりの寒さで体がこわばってしまった際は湯たんぽを肩のまわりにあてましょう。血流が促され、体の力も程よく抜け、安眠効果が期待出来ます。


■「足湯+アルファ」で冷え解消

足湯だと足しか温まらないでしょ…と思った方。それは間違い! 足湯で温まった血液は身に返っていくので、結果全身が温まるんです。心身をリラックスさせる効果もあるんですよ。

〈足湯の利用方法〉

足湯の具体的な入り方は、容器に40℃のお湯のお湯をはり、20分ほど足をつけておくだけ。とっても簡単です。容器は、大きめの洗面器やたらいを使っても良いですし、バケツを用意してふくらはぎの途中くらいまでつけるのもオススメです。最近はインテリアショップなどでカワイイバケツが売っているので、1つ買ってバスルームにおいておくのも手かもしれません。

〈足湯+アルファで効果を高める〉

足湯に重曹を入れると、皮膚の汚れを落としてくれるので、足のニオイを防ぐのに効果的、また緊張を和らげるラベンダーや、明るい気持ちになれるスイートオレンジ、清々しい香りのヒノキなどリラックス系アロマを入れれば、肌から入るのと、芳香のダブル効果でリラックスできます。アロマを入れる量はだいたい1-2滴。あまり入れ過ぎるとお肌の刺激になることがあり、場合によっては肌が荒れてしまうので気をつけて下さい。市販されている入浴剤などを入れてもよいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング