食事で改善!冷え症解消法まとめ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月14日 18時0分

写真

この時期つらい「冷え」。今回は今年公開したLBRの記事の中から、食事で冷え対策をする方法をまとめてお届けします。末端冷え症を解消するには、身体を内側から温め、手足まで熱を届けることがポイント。意外と身近な食べ物飲み物が身体を芯から温めてくれるのに役立ちます!

■「金時生姜」で冷え解消

●生姜の王様!?金時生姜

生姜には谷中生姜や土生姜といったさまざまな品種があり、数にして数百種類以上あるといわれています。血行促進効果や、痛みや腫れを抑える効果、胸焼けを解消する効果などを求める場合、金時生姜を食べることで効率よく摂取することができます。


■飲み物に素材を加えて冷え解消

体を温めてくれるホットドリンクも、ある素材を加えるだけで温熱効果が高まります。いつものドリンクにちょい足しして、オリジナルのホットドリンクを作ってみるのもいいかも。


1.シナモンパウダー

シナモンは身体を内側から温め、血流量を増加させて、冷えが原因で起こる生理痛やむくみ・お腹の不調などを改善する効果がある食材だといわれています。毛細血管を丈夫にする効果があり、冷えの改善も期待できるそう。


2.ココアパウダー

ココアは手足などの末端の血流量を増加させ、かつ血流が増加した状態を保つことができるそう。また、中村学園大学の青峰教授の研究によれば、ココアに含まれるエピカテキンにはハッピー物質「セロトニン」の分泌を促す効果もあるそうですから、冷えのストレス解消にもおすすめ。ホットミルクに加えるのもいいかも。


3.カシス

カシスに含まれるポリフェノールには、末端の血流を改善する効果があると言われています。日本カシス協会が行った実験でも、カシスポリフェノールを摂った場合には、冷却負荷をかけても15分で手の血流が改善されたそうですから、即効性も期待できちゃう!


4.レモングラス

意外かもしれませんが、カルシウムには筋肉の動きを正常に保つ働きもあります。血管の動きにも関わり、レモングラスには、細胞内のカルシウム濃度に作用して、血管の筋肉を緩めて血流を改善する効果があるそうなので、冷えが気になる時におすすめ。


■「水」の飲み方を変えて冷え解消

・常温以上の水を飲む

水が身体を冷やさないとはいえ、冷たい水を飲むのはNG。常温の水を飲むことが、冷えない身体を作るポイント。


・こまめに飲む

喉が渇いた……と思った時には、既に身体は脱水状態。喉が渇いてから飲むのではなく、こまめに一口ずつ水を飲む習慣をつけましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング