年末年始の食べ過ぎに役立つ「ダイエット法」まとめ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年12月18日 12時0分

写真

食べることも飲むことも増える年末年始。新年、体重計にのるのがコワイ……ということにならないためにも、我慢せず、ラク〜に体重をセーブする方法を、過去の記事の中からまとめてご紹介します!

■糖化対策もダイエットもスプーン一杯でOK!オリーブオイルの魅力

(1)糖化対策に!

オリーブオイルの主成分オレイン酸は、小腸で吸収されにくいため腸内で薄い膜のように広がり、糖質の吸収を穏やかにする効果があります。糖質の多いものを食べたり、そもそもの食事量が多すぎると、血液中に糖があふれてしまいます。エネルギーとして使われず、体内に貯蔵しておけずに余った糖は、コラーゲンなどのタンパク質と結合して老け顔の一因「糖化」現象を引き起こしたり、脂肪細胞に取り込まれてプニ肉の原因にも……。糖の吸収を穏やかにする効果のあるオリーブオイルは、お肌にもカラダにも嬉しいオイルなのです。


(2)食べ過ぎ防止にも!?

松生クリニックの松生院長によれば、脳は舌で油を感知すると、快感物質であるβ-エンドルフィンやドーパミンが放出されることが明らかになっているそうです。ストレスを感じると、甘いものや油っこいものが食べたくなるのは、このためなのですが、この仕組みを上手に利用すれば、食べ過ぎを防ぐ効果が得られます。同じ食べ物であっても、油を少量加えることで脳から快感物質が放出され満足度がUPしますよ!


■こって~り高脂肪こそ美の味方!?バニラアイスでキレイにダイエット!

・バニラアイスは栄養の宝庫だった!

調べてみると、バニラアイスで不足するビタミン類はビタミンCだけ。市販の代表的な高脂肪バニラアイス1カップ約80g中の栄養成分は、お肌の粘膜を強くするビタミンAが80μg、糖質を代謝するビタミンB1は0.05mg、脂質を代謝するビタミンB2は0.14mg、たんぱく質の代謝を助けるビタミンB6は0.02mg、ビタミンAと共に美肌ビタミンと言われるビタミンEも0.16mg含まれています。フルーツでビタミンCを足してしまえば、理想的な美容食といってよいですね!


・“高脂肪バニラアイス”でキレイになるための7箇条

●必ず食後に食べること。
●単品で食べたい時は人の体温が最も高い15時がオススメ。体温が高いと脂質が代謝しやすいそうです。
●ビタミンCをプラスするためフルーツやミントを+αで添えて。
●オメガ3系のオイルを少したらして頂くのもオススメ。
●お味噌や塩麹、ワインビネガーといった発酵食品を少しプラスする。
●冷たい食品のため一時的に体温が下がるので、ハーブティーやお白湯など、ノンカフェインの温かいものと一緒に。
●毎日ではなく週に3回程度が理想。そして1日に1カップまで。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング