気づけば花粉と共同生活!?家の中に花粉を招き入れるNG行動4つ

ごきげん手帖 / 2015年2月19日 12時0分

写真

いよいよ花粉に対して本格的に警戒しはじめる時期。花粉対策を万全にしていると思っていても、無意識のうちに家の中に花粉を招き入れているかもしれません。知らず知らずのうちに花粉と仲良く共同生活をする原因となってしまう、うっかりやりがちなNG行動4つをご紹介します。

(1)窓と一緒にレースのカーテンも全開

晴れの日や日差しの気持ち良い日が続くと、全開にしたくなる窓やカーテン。空気の入れ替えは大事ですが、窓と一緒に網戸やレースまでも全開にしてしまうと、花粉が侵入しやすくなります。窓を開ける時もレースのカーテンは閉めておきましょう。


(2)玄関前で花粉を落とさない

外出から戻る際に、衣類や髪についた花粉を手で払うだけで、なんと約70%もの花粉を落とせるそうです。帰宅時、玄関に入る前にはブラシや手で身体中の花粉をささっと払い落としてからドアを開ける習慣を。手洗い、うがいと同じように「当たり前」の行動にしましょう。


(3)掃除は掃除機オンリー

花粉シーズンの掃除の仕方も要注意。床に落ちた花粉を取り除こうとして掃除機を使うと、むしろ花粉が舞い上がってしまいます。まずは拭き掃除で花粉を拭き取ってから、掃除機をかけるようにしましょう。


(4)加湿器を使わない

空気が乾燥している室内では、花粉が舞いやすくなります。また、肌が乾燥することで、かゆみを感じやすかったり、肌のバリア力が落ちてしまいます。室内の加湿も、立派な花粉対策のひとつですよ。


無意識のうちにしてしまっている行動が、花粉症の症状を悪化させているのかもしれません。NG行動を確認して、今年こそ花粉に悩まされずに過ごしましょう。


(前田紀至子)

【関連記事】
・認めたくないけど認めなきゃ!風邪と花粉症を見分けるポイント4つ

【参考】
※家の中でできる花粉症対策について教えてください。 – くらしにプラス – エステー株式会社
※帰宅時に花粉を家の中に持ちこまないようにするポイントは – 季節ごとのケア – 花王株式会社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング