グロスはルージュの前が正解!秋のジューシーリップを作る簡単3ステップ

ごきげん手帖 / 2015年8月30日 20時0分

写真

ぷっくりしたジューシーリップはいつの時代も女子の憧れ。しかし、だからといってグロスでテカテカにさせるというのは、ちょっと時代遅れです。今年のトレンドはさらっとリップをつけたような「こなれ感」がポイント。今回は、一気に今っぽさを出すための、簡単3ステップをご紹介いたします。

■秋のジューシーリップを作る3ステップ

(1)リップクリームは指でポンポンして、浸透力をアップ!

リップクリームを指で優しくポンポンのせることで、手の体温がクリームをほどよく温め、浸透をアップさせます。
中指の腹にリップクリームを取り、「ブー」と唇を突き出すようにし軽く唇を開けるようにし、リップラインをなぞるように優しくポンポンとリップクリームをのせていきましょう。

(2)秋リップは、グロスを先につけるのが正解!

通常のメイク手順だと「ルージュ」→「グロス」というのが従来の基本的な使い方ですが、この順番だとツヤが前面に出てきてしまいます。
秋メイクはジュワッと内から出る立体感がポイントなので、グロスを先につけることでグロス独特なツヤ感を抑えることができます。 グロスは下唇の中心にちょんとのせ、薬指の腹を横にしリップラインをなぞるように優しくポンポンなじませていきます。
上唇はグロスを足さずに、上下の唇を合わせ下唇同様に指でなじませていきます。

(3)ルージュもポンポン

まずルージュを薬指の腹に、直接グリグリっと多めに取ります。
つけ方は下唇の真ん中から端に向かって指を横にし、リップラインをなぞるようにしながらなじませていきます。
下唇全体になじませたら、上下の唇を合わせ、上唇についた分を、また薬指でなじませていきます。グロスのあとにルージュをつけると、グロス独特のペタペタ感がありますが、伸ばすのではなく、ポンポンと置くようになじませることがポイントです。
リップラインをなぞるようにすることで、少しオーバー気味の、ぽってりとした印象的な唇に仕上がります。


グロスを先に使うことでルージュを密着させることができ、リップが崩れにくくなります。秋のリップメイクは、是非このテクニックでおしゃれ上級者を目指しませんか?


(中花絵里香)

【あわせて読みたい】
・美容ライターがこの秋注目!マストバイの新作スキンケア&ベースメイク3つ
・血色メイクを叶える!じんわり潤う人気のティントリップ3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
・お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
・プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
・30代・40代にピッタリ!「三つ編み大人アレンジ」のまとめ髪
・洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング