次なるブームは発酵鍋!?台湾美人が愛する「酸菜白肉鍋」

ごきげん手帖 / 2015年11月4日 12時0分

写真

11月に入り、ぐっと冷え込んできましたね。寒くなると食べたくなるのが鍋。すき焼きやもつ鍋も美味しいけれど、今年は新しい鍋にチャレンジしてみませんか? 今年の冬、ぜひ注目してほしいのが発酵鍋の「酸菜白肉鍋」。白菜の漬物を使ったすっぱおいしい台湾の鍋料理です。酸菜白肉鍋をおいしく作るポイントは、白菜はお漬物、お肉はばら肉を使うこと、ダシの具材を工夫することのようですよ。日本でも簡単に作れるので、ぜひ今年のお鍋のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

■今台湾で人気の「酸菜白肉鍋」って何!?

火鍋や豆腐鍋など、バラエティ溢れる鍋が町中で食べられる台湾ですが、近年とても人気なのが「酸菜白肉鍋」という白菜と豚ばら肉のお鍋。メインの白菜がすっぱくておいしいのが特徴のお鍋ですが、実はこの白菜、発酵させて古漬けのような状態になっているものを使うのです。クセになる風味を楽しめるだけではなく、乳酸発酵しているだけに美腸作りにも一役買ってくれるのが嬉しいところ。


■肌も喜ぶ!家で酸菜白肉鍋を美味しく作るポイント3つ

(1)白菜はお漬物を

「酸菜白肉鍋」ならではの旨味やコクを出すためにも、使用する白菜はお漬物を使うのがマスト。できれば古漬けを使用しましょう。しっかり乳酸発酵されている上、より独特の「すっぱおいしい」味を楽しむことができますよ。


(2)ばら肉を使う

ダシの風味と酸味のある白菜というシンプルな構成のお鍋だからこそ、使用したいのはビタミンB1が豊富な豚肉のばら肉。しゃぶしゃぶ用の薄いものが旨味が出やすくおすすめです。ばら肉というとカロリーが気になるかもしれませんが、脂が多いからこそ少量で満足できるというメリットも。


(3)ダシに貝や甲殻類、シイタケなどいろいろ入れよう

白菜の古漬けと豚肉という風に、具材はあくまでもシンプルに抑えるのが「酸菜白肉鍋」。しかし、ダシとして貝や甲殻類、キノコ類など使えるものはとことん使うのが本場台湾風! 冷蔵庫をチェックして使えそうなものがあれば、思い切ってダシにしてしまいましょう。


この冬要注目の酸菜白肉鍋をいち早くチェックして、お鍋を楽しみながら美肌になりたいものですね。


(前田紀至子)

【あわせて読みたい】
・10キロ以上痩せちゃう!?鍋ダイエットのOK食材とNG食材
・朝食の新トレンド!?「朝鍋」に入れたい美容効果が高い冬野菜4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
・スプーン1杯!混ぜるだけで栄養バランスを整える「ヘンプシード」の食べ方
・ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ
・ブーム必至!?ダイエット・美肌づくりに◎「フルーツ麹」の作り方
・美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方

【参考】
※古漬け白菜鍋 – S&B エスビー食品
※漬物ってすごい – マルハチ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング