腰痛で辛いデスクワークが座るだけで楽に。カイロプラクターの手技を再現したシート【今日のライフハックツール】

lifehacker / 2019年5月9日 6時0分

写真

長時間のデスクワークの悪影響は多々ありますが、一番の悩みといえば、腰痛ではないでしょうか。

人にとって最も良い姿勢は、背骨がきれいな「S字カーブ」を描いている状態といいます。

MTGの『Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)』はカイロプラクティックからヒントを得た、姿勢サポートシート。背骨の自然な「S字ライン」を支えてくれます。

太ももから背骨までホールド。自然に良い姿勢をキープ

『ボディメイクシート スタイル』使用前と使用後の比較 『ボディメイクシート スタイル』未使用(左)と使用(右)の比較 Photo: 藤加祐子

上の画像をご覧ください。左が『ボディメイクシート スタイル』を未使用の場合、右が使用した場合です。

『ボディメイクシート スタイル』を使用した場合、お尻がしっかりホールドされ、腰から背骨へ向かって自然なS字カーブになっているのが一目瞭然です。

また、座面が前方に流れる形状のため、太ももから膝の角度が少し前に向きます。

これが、日常で倒れやすい骨盤を立たせ、良い姿勢を無理せず作るポイントになっています。

人体を型どったようにフィットする効果とは

『ボディメイクシート スタイル』は人の型を取ったような形状 Photo: 藤加祐子

『ボディメイクシート スタイル』の座面は、人の型を取ったような曲線になっています。公式サイトによると、カイロプラクターの手を再現したのだそう。

これにより、以下の効果があります。

腰回り:カイロプラクターが手を添えたように腰の両脇をサポート ヒップ:座ると自然に前に傾き、骨盤を立たせる 太もも:太ももを左右から包み込み、脚の開きすぎ(閉じすぎ)による歪みを修正

特に腰の両脇にくる部分は、まるでコルセットをしたような安定感があります。

さまざまな椅子にセットしやすい

『ボディメイクシート スタイル』の裏面は安定する工夫がある Photo: 藤加祐子

裏面には、座った際に『ボディメイクシート スタイル』を安定させる工夫がされています。今回は、仕事用の椅子/折りたたみ椅子/ダイニングチェア/床で、試してみました。

椅子の場合は種類を気にせず、いずれもポンと置いて座るだけでOKでした。

床に置いて座ってみたときは、はじめは前傾になる点が気になったものの、姿勢が良くなっているのは体感できました。

ただし、座椅子に座るときのように背面に寄りかかろうとすると、後ろに転がりますのでご注意ください。

オフィスに置きっぱなしでも違和感のないカラー

『ボディメイクシート スタイル』は5色ある Image: Amazon.co.jp

『ボディメイクシート スタイル』は全部で5色。いずれもオフィスに置きっぱなしでも違和感のないカラー。

また、新色のディープレッド/ディープブラウンは、ソファーにもマッチする落ち着いた色合いです。ご年配の方へのプレゼントにも良さそう。

筆者は20代にぎっくり腰になってから、長年腰痛に悩まされてきました。でも『ボディメイクシート スタイル』を使うようになって、長時間のデスクワークでも腰からくる体全体の疲れは軽減された気がしています。

ただし座りやすくはなりますが、たまに席を立って体を伸ばすことはお忘れなく。

MTGの『Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)』は、公式のオンラインショップや、Amazon.co.jpから購入が可能です。

Push ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)レッド ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)レッド

7,424円

購入

あわせて読みたい

Photo: 藤加祐子

Image: Amazon.co.jp

Source: MTG

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング