スーツケースとの併用にも対応した、出張族必見の多機能バックパック【今日のライフハックツール】

lifehacker / 2019年9月4日 6時0分

写真

出張にも対応できるビジネスバックパックを探している人、要チェックです。

『Norde pack』は、衣類などを収納するときに便利な格納式の仕切りなど、便利な装備が充実した多機能なバックパック。

オプションの内部コンパートメントも用意されていて、防水仕様の外装でありつつ、標準で専用のレインカバーも付いてくるなど、究極のビジネスバックパックと言っても過言ではない特徴を持っています。

縦持ちも横持ちも。スーツケースと併用時にも対応

スーツケースのように180度全開できる収納部は、24リットル~34リットルまで容量を可変できる拡張機能も装備。ノートPCは15.6インチまで格納できます。

小物類を整理整頓しやすいコンパートメントと各種ポケットも用意されており、運ぶものを選ばず対応可能な高い機能性に加えて、開口部が大きくアクセスしやすいフロントポケット、耐盗難性を高めた隠しポケットも、使い勝手が良さそうな印象。

縦持ちも横持ちもできるように、取っ手はトップとサイドの両方に配置。バックパック形態で使うショルダーストラップを、不要な時に格納して隠せるというのもありがたい機能でしょう。

スーツケースと併用するときに、スライド式のハンドルに固定することができるストラップを装備している点も、見逃せないポイントです。

止水ジッパーを採用した防水仕様にもかかわらず、激しい雨のときに使えるレインカバーも用意されていたりと、ここまでの機能性を持ったバッグにはそうそうお目にかかれないという充実ぶり。

ディティールにも注目。「かゆいところに手が届く」仕様

20190817_nordepack_01 Image: Norde pack

他にも細かい部分ですが、メインコンパートメントのジッパーに南京錠などの鍵を掛けることができたり、サングラスを引っ掛けておける専用ストラップや、耐久力に優れたアルミ製のバックルを採用するなど、ため息が出てしまうほど「かゆいところに手が届く」仕様となっています。

ところが本体価格は219ドル(約2万3000円・送料込み)と、これだけの仕様とは思えない設定。オプションは別途購入になるとはいえ、コストパフォーマンスの高さは特筆すべき。

出張で飛び回っているビジネスマンに、ぜひ使って欲しいアイテムです。

あわせて読みたい

Image: Norde pack

Source: Norde pack, Norde pack / YouTube

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング