新型コロナウイルスの症状は? 感染しているか確認する方法・注意点

lifehacker / 2020年3月26日 16時0分

写真

今や世界中が新型コロナウイルス感染拡大防止のために全力で対策を講じていますが、風邪やインフルエンザ、その他の呼吸器疾患も依然として存在しています。

体調が悪くなったとき、自分が果たして新型コロナウイルスに感染したのか、それとも別の呼吸器疾患にかかっているのか判断する方法と注意点をご紹介しましょう。

病気に対する身体の反応は人によって異なりますし、同時に複数の病気にかかる可能性もあるので、症状だけで判断することは困難です。

人類はCOVID-19の研究に関してはごく初期の段階にあるため、まだはっきりわからないことがたくさんあります。

また、患者の病気について医学的所見を述べる資格があるのはプロの医療従事者だけということを忘れないようにしましょう。特に、新型コロナウィルスに関しては、もっと多くの情報がわかるまでは素人判断は禁物です。

そうしたことを踏まえた上で、新型コロナウイルス、一般的な風邪、インフルエンザ、アレルギーに関して、それぞれの症状の類似点と相違点を見てみましょう。

新型コロナウイルスの症状

米疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスの症状として、発熱・咳・息切れ・呼吸困難を挙げています。

中国で確認された5万件を超える症例に基づいてWHOと中国の合同専門家チームが作成した報告書には、さらに多くの症状とその割合が以下のように示されています。

発熱(86.9%) 乾いた咳(67.7%) 倦怠感(38.1%) 痰(33.4%) 息切れ(18.6%) 喉の痛み(13.9%) 頭痛(13.6%) 筋肉や関節の痛み(14.8%) 悪寒(11.4%) 吐き気や嘔吐(5.0%) 鼻づまり(4.8%) 下痢(3.7%) 喀血(0.9%) 結膜充血(0.8%)

風邪の症状

典型的な風邪の症状は、軽い発熱と咳、鼻水・鼻づまり、充血、喉の痛み、くしゃみ、場合によっては身体の痛み、軽い頭痛、全身の倦怠感などがあります。

これらは新型コロナウィルスに感染した場合にはほとんど見られない症状です。

インフルエンザの症状

代表的な症状は、発熱と乾いた咳がしつこく続くことですが、他には喉の痛み、鼻づまり、悪寒と発汗、身体の痛み、倦怠感、頭痛もあります。

アレルギー症状

代表的な症状は目のかゆみ、くしゃみ、鼻水・鼻づまりで、咳、倦怠感、喉の痛みがあることもあります。

発熱がないときは、新型コロナウイルスよりも風邪やアレルギーである可能性が高いでしょう。

また、息切れは、上記のコロナウィルスの症例中約19%しか見られませんが、風邪やインフルエンザ、アレルギーには見られない症状です。

新型コロナウイルスに感染したらどうなる?

これは慎重に答える必要があります。

新型コロナウイルスの場合は、感染していても症状が軽すぎて新型コロナウイルス感染と特定されていないケースがたくさん存在している可能性があります。

聞くところによると、新型コロナウイルスに感染していると診断された人の中にもかなり症状が軽いケースがあるようです。

クルーズ船で新型コロナウイルスに感染した60代のCarl Goldmanさんは、次のようにワシントンポストに書いています。

胸が締めつけられる感じがして、ひとしきり咳が出ますが、もし自宅にいて同じような症状があっても、多分普段通り仕事に行っていたと思います。

しかし、重篤な症状にならないわけではありません。

新型コロナウイルス感染初期の症状は通常、発熱と乾いた咳、軽度の肺炎が挙げられますが、数日後に重症になると息切れするようになることがあります。

さらに重篤になると、血中酸素濃度の低下、呼吸不全、敗血症性ショック、臓器機能障害または不全、最悪の場合には死亡することもありえます。

呼吸困難になると、主要な臓器が機能するために必要な酸素を体内に取り込むことが難しくなるためです。

通常COVID-19に感染すると症状が2週間程度続きますが、より重症の場合は3〜6週間続きます。新型コロナウイルスが原因で死亡する人は、初めて症状が出てから2〜8週間後に死亡します。

新型コロナウイルス感染が疑わしいとき取るべき行動

CDCは、咳や乾いた咳などのCOVID-19の症状があると思われる場合、医師や保健所に連絡すること、症状が悪化したり救急措置が必要と思われる場合は、適切な医療措置を受けることを奨励しています。

安静時にも息切れがするようなら、すぐに医療措置が必要です。

医療機関には事前に電話をしてから行きましょう。病院やクリニックが他の患者を保護するための特別措置を講じることができるからです。

また、外出は医療機関に行くときのみにして、他人とは6フィート(約2m)の間隔を保ちましょう。CDCは、タクシーの相乗りや公共交通機関の利用を避けることを推奨しています。

何よりも、自分の健康を守り、他人への感染を避けるために、医師のすすめに従ってください。コミュニティを安全に保つためのヒントはこちらの過去記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

Image: Shutterstock.com

Source: WHO, Mayo Clinic(1, 2, 3), The Washington Post, CDC

Yael Grauer – Lifehacker US[原文]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング