ガラス窓があればスタンディングデスクになる『Motis』【今日のライフハックツール】

lifehacker / 2020年10月6日 6時0分

写真

世界初の携帯できるスタンディングデスクかも。

スタンディングデスクのメリットにはいろいろありますが、椅子に座らないので、ついつい根っこが生えてくることがないというのは、モバイラーにとっても見逃せない特徴ですよね。

でも、公共の場でスタンディングデスクなんてほとんど見たことないし、まさかデスクを持って移動するのならむしろ折り畳み椅子の方が現実的だし...

そんな問題を『Motis』が解決してくれそうですよ。

動画を見ればおわかりのとおり、サクションカップ(吸盤)で窓ガラスに貼り付けるという仕組みになっています。

この設置方法といえば、以前ご紹介した『DeskView』を覚えている人もいるでしょう。『Motis』はそのモバイル版です。

場合によっては、建物の管理者にひと声かけておく必要がありそうですが、強化ガラスさえあればどこにでもスタンディングデスクを設置できるというスグレモノですよ。

20201003_motis_01 Image: Motis / Kickstarter

オプションのTwo-Tier(増設アーム)を使えば、本格的な作業環境を構築することも可能。

こうなるとさすがに、ちょっとだけ窓ガラスを借りているというには無理が出てきますが、ショップでデモ機を設置したり、お客さんに使ってもらう端末の設置台として使うには良さそうですよね。

20201003_motis_02 Image: Motis / Kickstarter

耐荷重は約18kgと、ガラスの強度さえ問題なければ、実用に困ることはなさそうです。

設置したままで長期使用する場合には、定期的な点検が必須になると思いますけどね。

あと、すりガラスには設置できませんので、その点も要注意ですよ。

20201003_motis_03 Image: Motis / Kickstarter

重量は約2kg。一般的なノートパソコンより重いというところは評価がわかれると思いますが、とりあえずは、モバイル対応と呼べる重量感に収まっていると言っていいでしょう。

折り畳んだときのサイズは、幅約35.5cm×奥行約17.8cm×厚み約7cmと、こちらも厚みは気になるものの、多くのバッグに問題なく収納できるはず。

利用する場合、すぐ目の前に窓から見える景色が広がっているというのは、室内で壁に囲まれているより開放的でしょうし、仕事も捗りそうですよね。

執筆時点で、すでにゴール額を達成していますので、気になる人は早めにチェックしておきましょう。

あわせてチェックしたいアイテム

E-WIN スタンディングデスク 昇降式テーブル キャスター(固定脚)取付けだけの簡単組立 天板サイズ幅58cm×奥行40cm 昇降 ダイニング テーブル 手動 折りたたみ オフィステーブル 型番SD58-BK ブラック E-WIN スタンディングデスク 昇降式テーブル キャスター(固定脚)取付けだけの簡単組立 天板サイズ幅58cm×奥行40cm 昇降 ダイニング テーブル 手動 折りたたみ オフィステーブル 型番SD58-BK ブラック

12,000円

購入

Cooper Cases MEGA TABLE 大型 折りたたみ ローテーブル ベッド (ブラック) Cooper Cases MEGA TABLE 大型 折りたたみ ローテーブル ベッド (ブラック)

6,495円

購入

あわせて読みたい

Source: Motis / Kickstarter

Image: Motis / Kickstarter

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング