1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

nuroモバイルなら月額792円〜。料金プランの見直しに最適な5つの理由

lifehacker / 2021年7月9日 11時0分

写真

大手携帯電話各社が、スマホの新料金プランを続々スタートさせています。どの会社もおおよそ月額の基本料金は3000円前後と、とても魅力的な価格に見えます。

でも、ちょっとだけ考えてみてください。今あなたが契約しているプラン、本当に安くて無駄がないと言い切れますか?

たとえば、データ通信の大容量プランを契約しても、毎月かなり余っているとしたら、これは明らかに無駄ですよね。

そこで、料金プランの見直しと最適化を目指して、音声通話付きSIMの3GBで月額基本料金が792円とお得な『nuroモバイル』に注目。

お得感に加えて、実際快適に使いこなすことができるのかどうか、サービスの特徴を整理しながら考察します。

年間のスマホ料金を1万円以内に抑えることもできる?

nuro-mobile_02 Image: nuroモバイル

スマホの料金プランは、もちろん大容量のほうが安心感はありますが、月額基本料金はどうしても高くなります。逆に月額基本料金が安くデータ容量が少ないプランを選ぶと、月末にはデータ容量を使い切ってしまい、通信速度制限に引っかかってしまうことも。

つまり、スマホの料金プランを見直すポイントは、データ容量と料金のバランスが大事なのです。

『nuroモバイル』のバリュープラスは、家族割などの付帯条件がゼロ。毎月のデータ容量3GBで音声通話付きSIMなら、月額基本料金が792円。税抜き価格ではありません、税込みです。これに音声通話の料金が上乗せされるだけなので、とてもシンプルでわかりやすい料金体系です。

しかも、利用開始月の月額基本料金は無料となっているので、お得。月額基本料金が792円ということは、1年間使い続けても月額基本料金の総額は8712円。基本料金プラン内(電話番号を使った通話なし)なら、年間のスマホ基本料がなんと1万円以内で済んでしまうのです。

回線は大手キャリアを選択可能、回線の不安は一切なし!

格安スマホの通信はつながりにくい。そんな風に思っている人も少なくないかもしれません。

しかし、『nuroモバイル』はそのあたりも万全です。契約時にNTTドコモ、au、ソフトバンクから回線を選択できるのです。

つまり、今自分が使っている回線と同じものを選ぶことが可能ということ。これなら安心ですね。

また、格安スマホでありがちな、「直近3日間で〇GB使うと通信速度が遅くなる」といった通信速度制限も、nuroモバイルのバリュープラスはありません。使いたいときに安心してデータ通信が楽しめます。

通話もお得になっています。手続き不要で使える「nuroモバイルでんわ」を使えば、通話料金が通常22円/30秒のところ、11円/30秒と半額になります。

もっと通話を使いたい人は、月額基本料金880円の「10分かけ放題オプション」も用意されています。

安くて、わかりやすくて、使いやすい。しかも、ソニーグループが提供するから安心感もプラス。『nuroモバイル』はスマホ料金の最適化にぴったりのサービスなのです。

データ容量を無駄なく使いこなす方法

nuro-mobile_03 Image: nuroモバイル

データ容量は多ければ多いほど、通信速度制限の心配がなく安心して使えます。一方、使い切れなかったデータ容量は無駄になっていると言えるでしょう。

理想は、自分が使うデータ容量にもっとも近いプランを選択することですが、毎月一定量のデータを使っているとは限りません。そのため、無駄だとわかっていても、大容量プランを契約しているという人も多いのではないでしょうか。

『nuroモバイル』なら、余ったデータ容量は翌月に繰り越しが可能(消費期限は翌月末まで)。今月はあまり使わなかったけれど来月はたくさん使う予定があるという場合、余ったデータ量が無駄になりません。

また、余ったデータ容量を『nuroモバイル』を使っているユーザーにプレゼントできる「パケットギフト」という機能もあります。プレゼントは10MB以上から1MB単位で無駄なく行うことができます。

データを使い切ってしまったときの「切り札」も

では、もしデータ容量を使い切ってしまった場合はどうでしょう。

『nuroモバイル』は、データ容量を使い切ると最大200kbpsの通信速度制限がかかります。200kbpsだとブラウジングを快適に楽しむにはやや厳しい速度ですが、『nuroモバイル』はそんなときのための切り札まで用意しています。

実は、通信速度制限がかかった状態でも、通信開始時の数秒間、高速通信をする「初速バースト」という機能があるのです。なので、テキスト中心のウェブサイトやSNSならばあっという間に読み込みを完了するため、あまりストレスを感じません。

なお、データ容量を追加購入することもでき、容量チャージは1GBにつき550円となっています。パケットギフトでデータをもらうこともできるため、家族や友人で『nuroモバイル』を使っていてデータが余っているという人がいたら、お願いしてみるのもいいかもしれません。

ここまででも十分お得な価格と機能だとお思いでしょうが、まだこれだけではありません。

nuro-mobile_04 Image: ライフハッカー編集部

『nuroモバイル』では、5GBプラン、8GBプランを契約した場合、3カ月ごとにデータ容量がプレゼントされる「Gigaプラス」という機能があります。

5GBプランの場合は3GB、8GBプランの場合は6GBが3カ月おきにプレゼント。

もちろん、Gigaプラスの受け取り手続きをして、もらったデータ容量は翌々月まで繰り越しが可能。ということは、事実上5GBプランの場合毎月1GBプラス、8GBプランの場合毎月2GBプラスということになります。

プレゼントされたデータ容量は毎月消費するもよし、ドカンと使う月のために貯めておくもよし。自分のライフスタイルに合わせて、効率よく使えます。

データ通信量が毎月10GB以内の人におすすめ。乗り換え手続きもとっても簡単

nuro-mobile_05 Image: StudioByTheSea/Shutterstock

総務省の2020年6月末時点のデータによると、データ容量7GB以上のプラン加入者は全体の約65%。しかし、実際のデータ通信量は「全体の75%が8GB以下」という統計が出ています。

ということは、20GBなどのデータ容量プランを契約している人の大半が、まったく使い切れていないということ。いくら余ったデータ容量を繰り越せたとしても結局使い切れずに、ただただ無駄にしているだけとも言えます。

そう考えると、まずは月額基本料金792円ではじめられる『nuroモバイル』の音声通話付きSIM 3GBプランで、現在のスマホの使い方が自分に合っているかどうか、見極めたほうがいいのではないでしょうか。

もしそれでデータ容量が足りないのなら、5GBプラン、8GBプランに変更すれば、毎月のスマホ料金を最適化することができるでしょう。

それぞれ「Gigaプラス」が適用されるので、受け取り手続きをすれば契約プランよりも多くデータ容量が使えるようになります。8GBプランなら、実質毎月10GB使えるわけですから、ほとんどの人がこれで大丈夫なのではないでしょうか。

しかも、乗り換え手続きはスマホの操作だけで完結。もちろん、今使っているiPhoneやAndroidスマホをそのまま使うことも可能です。新しくスマホを買うことなく、送付されたSIMカードを挿してAPN設定をするだけで、すぐに使いはじめることができ、初期費用も安く済みます。

万が一、『nuroモバイル』が自分に合わないなと感じたら解約も簡単。解約違約金やMNP転出手数料はかかりません。ちょっと気になるな、という方も手軽に試すことができます。

私のスマホ料金、高すぎ?

自分に最適なスマホ料金プランを選ぶポイントは、自分の使い方にマッチした料金プランが選べるか、必要に応じて柔軟にプランを変更できるかの2点。

『nuroモバイル』なら、毎月のコストを抑えつつデータ容量を無駄なく使い切ることができるので、スマホの料金で悩んでいる方にとっては最良の選択肢となるのではないでしょうか。

まずは現状のスマホ料金と使用データ容量を確認して、『nuroモバイル』の各プランと合わせてチェックしてみましょう。きっと「私のスマホ料金、高すぎ?」と思うかもしれませんよ!

Source: nuroモバイル , 総務省

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング