1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Apple Watchの便利なヘルスケア通知10選

lifehacker / 2021年11月4日 22時5分

写真

Apple Watchの健康に関する便利なアラートの多くが、デフォルトでは無効になっていることを知っていましたか。

転倒検知、歩行安定性アラート、騒音アラートなど、その存在を知っていれば、Apple Watchをセットアップしたらすぐにでも有効にしたい便利な機能がいろいろあります。

ここでは、有効にすることをおすすめしたい10のヘルスケア通知をご紹介します。

忘れてはいけないことですが、Apple Watchが医師や認定医療機器の代わりにはなれません。

Apple Watchが提供するデータは、さらなるアドバイスや治療のために医師に相談した方が良いか判断するために使用すべきものです。

目次

1.転倒を検出して助けを呼ぶ

2.心拍数の異常をビープ音で知らせる

3.体力の低下や向上をリマインドする

4.不整脈発生時に通知する

5.20秒間の手洗いを促す

6.呼吸頻度を調整する

7.周囲の騒音レベルが高すぎるとアラートする

8.アクティビティを友人とシェアしてモチベを上げる

9.歩行安定性のレベルを測定する

10.ユーザーのヘルスケアのトレンドを定期的に提供する

1.転倒を検出して助けを呼ぶ

aw01 Screenshot: Pranay Parab

Apple Watchを装着している人が激しく転倒して数分間反応がないと、親しい人にアラートしたり、緊急サービスに助けを求めたりすることができます。

この転倒検知機能の使用は18歳以上のユーザー限定で、55歳以上だとデフォルトで有効になっています。まずは、iPhoneのHealthアプリで自分の誕生年が正確であることを確認しましょう。

転倒検知を有効にするには、iPhoneのWatchアプリを開いて、左下にある「My Watch」タブをタップすると、「転倒検知」を有効にできます。

その下には、転倒検知を常に有効にしておく「常時オン」と「運動時のみオン」があるので、どちらかを選択。

後者は運動中の転倒のみを追跡しますが、多くの人には、いつ激しい転倒をして助けが必要になるか予測できないので、前者のほうが便利でしょう。

また、iPhoneで「設定」→「健康」→「メディカルID」と進み、緊急連絡先を設定しましょう。そうすれば、緊急時にApple Watchがあなたの大切な人にアラートすることができます。

2.心拍数の異常をビープ音で知らせる

aw02 Screenshot: Pranay Parab

Apple Watchは、心拍数が異常に高くなったり低くなったりするとアラートできます。

例えば、座って仕事をしていて1分間の心拍数(BPM)が120以上になると、アラートします。この心拍数が通常と異なる場合は、医師に相談することを検討しましょう。

これらのアラートを有効にするには、iPhoneのWatchアプリを開き、下にスクロールして「心臓」をタップします。

「高心拍数」を選択し、表示されたBPM値のいずれかをタップします。高心拍数の閾値は、100~150 BPMの間で設定できます。

次に、「心臓」の設定ページに戻り、「低心拍数」をタップします。今度は、40~50BPMの間で値を選択しましょう。

3.体力の低下や向上をリマインドする

aw03 Screenshot: Pranay Parab

Apple Watchは、VO2 Max(最大酸素摂取量)を大まかに測定することで、あなたの有酸素運動能力を判定します。

心肺機能のスコアにどんな意味があるのか気になる方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

この指標は、フィットネスの決定的な指標とは言えませんが、自分の心肺機能がどのように推移しているか把握しておくにこしたことはありません。

心肺機能のアラートを有効にするには、iPhoneのWatchアプリを開き、「心臓」をタップします。ここで、「心肺機能」を有効にすることができます。

4.不整脈発生時に通知する

aw04 Photo: DenPhotos (Shutterstock)

Apple Watchは、あなたの心拍を監視し、心房細動(Afib)と呼ばれる病状の指標となる不規則なリズムを検出できます。このアラートが表示された場合は、医師に相談することをおすすめします。

iPhoneのWatchアプリで、不規則な心拍数の通知を有効にするには、「心臓」をタップし、「不規則なリズム」を有効にしてください。

5.20秒間の手洗いを促す

aw05 Photo: ms_pics_and_more (Shutterstock)

より良い衛生習慣はいつでも取り入れるべきもの。

Apple Watchは20秒間のタイマーで適切に手を洗えるようにすることで、衛生習慣をサポートします。この手洗いタイマーは、Watchアプリで「手洗い」を選択し、「手洗いタイマー」を有効にすると、設定できます。

6.呼吸頻度を調整する

aw06 Photo: FrimuFilms (Shutterstock)

シンプルな呼吸法を実践するだけで、ストレスレベルの軽減に大きく貢献します。

Apple Watchはデフォルトで呼吸に関するアラートを送信しますが、まずはちょっと時間を取って呼吸の頻度をカスタマイズしましょう。Watchアプリで「マインドフルネス」に進み、「呼吸頻度」をタップ。

自分の肺活量に合わせて、1分間に4回から10回の呼吸を選ぶことができます。人によっては、ゆっくり吸ってゆっくり吐いたほうが楽だという人もいるので、そういう人は1分間の呼吸数を少なくするといいでしょう。

そうでない場合は、呼吸数を増やしてもいいでしょう。

また、呼吸を促す振動が強すぎるときは、マインドフルネスの設定ページで「触覚」をタップし、「はっきり」から「最小限」か「無し」に変更できます。

7.周囲の騒音レベルが高すぎるとアラートする

aw07 Screenshot: Pranay Parab

工事現場に出向いたり交通渋滞が多い場所で働いていると、聴覚に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、Apple Watchがあれば、極端なレベルの騒音にさらされているかどうか判断し、うるさすぎる場所を避けられます。

こうしたアラートを有効にするには、iPhoneのWatchアプリの「ノイズ」にアクセスし、「環境音の測定」を有効にします。

また、「ノイズのしきい値」をタップして、どのような音を大きな騒音とみなすか定義できます。Apple Watchは、選択した内容に基づいてアラートの閾値を変更。

100デシベルを選択した場合、1日のアラートの上限はわずか3分です。

しかし、80デシベルを選択した場合、1日の上限は5時間半になります。これは、世界保健機関(WHO)の奨励に基づいています。

8.アクティビティを友人とシェアしてモチベを上げる

aw08 Screenshot: Pranay Parab

友人と一緒にトレーニングに夢中になっているなら、Apple Watchのアクティビティデータを友人と共有しましょう。

トレーニングを終えたり、Apple Watchでアクティビティアワードを獲得したりするたびに、友人に通知が届きます。

インターフェイスも美しく、友人のアクティビティ通知にやる気が出るようなメッセージを返信できるので、この機能も有効にしておくことをおすすめします。

この機能を有効にするには、iPhoneの「フィットネス」アプリで、「共有」タブに切り替え、右上の「プロファイル」アイコンをタップ。

次に、「+」アイコンをタップし、アクティビティデータを共有したい連絡先を選択して「送信」をタップします。

相手にアクティビティデータ共有の招待が届き、相手がそれを承認すると、お互いにモチベーションを高め合えるようになります。

9.歩行安定性のレベルを測定する

aw09 Screenshot: Pranay Parab

iPhoneは、ユーザーの歩行安定性が低下すると、通知を送ることができます。

これはApple Watchのアラートではありませんが、iPhoneのモーションデータを使って、今後12カ月以内に転倒しやすいかどうか把握できます。

このアラートを有効にするには、iPhoneの「ヘルスケア」アプリを開き、画面右下の「閲覧」タブをタップ。

次に、右上隅のプロファイルアイコンをタップし、「通知」→「歩行安定性」と進みます。

ここで「歩行安定性の通知」を有効にしてください。

10.ユーザーのヘルスケアのトレンドを定期的に提供する

aw10 Photo: DenPhotos (Shutterstock)

iPhoneは多くの健康データを測定していますが、ヘルスケアのトレンドの通知を有効にしておくと、ユーザーはそのすべてを把握できます。

ヘルスケアのトレンドは、過去の自分と比べてどれだけ活動的になったかを示すもので、活動的な生活を送るためのモチベーションを高めるのに適しています。

これらのアラートは、iPhoneの「ヘルスケア」アプリで利用できます。「閲覧」タブを開き、「プロフィール」アイコンをタップして、「通知」を選択し、「トレンド」を有効にします。

Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとアビスブルースポーツバンド - レギュラー Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとアビスブルースポーツバンド - レギュラー 38,800 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください