「けいおん!」“あずにゃん”役・竹達彩奈がソロデビュー! コメントも!

リッスンジャパン / 2012年2月10日 17時0分

写真

ソロCDデビューが決定した人気声優・竹達彩奈(ListenJapan)

2009年にTVアニメ「けいおん!」の“中野梓”役がTV初レギュラー、新人ながらもキュートなルックスとキャラクターイメージにぴったりの愛くるしい声で一躍ブレイクを果たした人気声優・竹達彩奈のソロCDデビューが決定しました!

4月11日にリリースされる記念すべきデビュー・シングル「Sinfonia! Sinfonia!!!」は、元シンバルズの沖井礼二と、サウンド・プロデューサー小林俊太郎の強靭なタッグで贈るナンバー。沖井の持つ強力なポップネス、ファンタジックな世界観、小林のプロフェッショナルなアレンジセンスが、竹達のキュートで弾けるような歌声と精妙にマッチ。彼女が持つキャッチーなキャラクター性とその魅力を増幅させるような、盛大なストリングスアレンジが躍動する華やかなピアノロックに仕上がっているとのこと。

また、シングルの発売を記念した様々な特典やイベントなども実施予定となっています。2012年はフォトブック発売、ソロCD、イメージBlu-ray&DVDを3月から3ヶ月連続でリリース予定の竹達彩奈。それぞれの詳細は竹達彩奈スペシャルサイト(ayanataketatsu.jp/)をご参照ください。そしてこの度、竹達彩奈さんのコメントも到着しています!

Newtype アニメミュージックダウンロード

--------------------------------------------------------

■竹達彩奈さんコメント

「最初のイメージは、一人のヒロインの女の子が、周りにいるみんなを振り回しながら踊っているような……そんな感じでした。それを、主人公の男の子がクスクス笑いながら“しょうがないなぁ”と見守っている風景が見えて。やっぱり私は声優なので、歌も“声で表現することの延長線上” にあるものなんです。想像しないと、うまく表現できなくて……。。だから“できるだけ曲のイメージを膨らませよう”というスタンスで取り組みました。とにかく、楽しい曲調を活かすために私自身が“楽しい”と感じた、その気持ちを歌に詰め込んでいくようなレコーディングでしたね。それと、この歌詞のヒロインの女の子は私をイメージしたらしいんです。確かに、イタズラ好きだったり、気まぐれだったりする点が似ているので、ちょっと照れくさい感じもあって(笑)。」

「最初の歌録りの後で自分が歌った歌を聴いてみたんですが、その時にすごい違和感があって。だから「なんかこれ“私”っぽくないです!」と、歌い直させてもらいました。もちろん、意見を言わせてもらうとき内心はドキドキで(笑)。でも、曲がこのまま世に出た時に、胸を張って“これが今の私が詰まった、大切なデビュー曲です”と言えないのは嫌だと思ってしまって。でも、その後で沖井さんにお会いしたときに『僕はあのとき すごく感動したんだよ。歌い直したら、本当に良くなったしね』とおっしゃってくださって。モノ作りにとって、意見のぶつけ合いは大切なことなんだなと改めて痛感しました。その後、楽器のレコーディングやトラックダウンにも立ち合わせていただいたんです。“自分の曲なんだから、生まれる過程を自分で見ないでどうするんだ!”と思って。そして私の歌を聴いて、元気になったり、ポジティヴになったり、幸せな気持ちになってくれたら一番嬉しいです。人それぞれ、傷つく許容量が違うことは理解しつつ、“考え方を変えたらきっと楽になるよ”って、私なりにいろいろな経験を通じてそう思うようになったので。」

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング