忌野清志郎、伝説の著書『瀕死の双六問屋』が完全版として復活!

リッスンジャパン / 2012年2月15日 13時0分

写真

忌野清志郎のデビュー42周年を記念した音楽CD付き書籍『瀕死の双六問屋 完全版』発売(Listen Japan)

2009年5月2日に他界した忌野清志郎のデビュー42周年を記念した音楽CD付き書籍『瀕死の双六問屋 完全版』が、2月22日に発売される。

忌野清志郎 - アーティスト情報

本書は、1998年11月から2001年4月にかけて『TV Bros.』(東京ニュース通信社)で連載された「瀕死の双六問屋」を加筆修正したノベル&エッセイ集。

「理想郷」である「瀕死の双六問屋」で暮らす男が縦横無尽に音楽への愛、社会への怒りを語り尽くすといった内容で、君が代、憲法、自殺問題、さらには反核・反原発曲の収録問題を理由としたレコード発禁事件等々エピソードが綴られている。

2000年9月に発売され、その後絶版となっていたが、今回の“完全版”には当時未収録だった最終回を含む18話分やイラスト&写真を追加。さらに同書のために制作された極上のロックン・ロール4曲を新たにリマスターした音楽CDを付属。
カバーイラストと装画を浦沢直樹が、解説を町田康が担当した、まさに「完全版」と言える一冊となっている。

10年以上の時を経て、ついに完結を迎えることとなった同書について浦沢は、
「本書の'00年版は、私の座右の書でありました。今回その完全版の装画を描かせていただけるとは、なんと光栄なことでしょう。清志郎さんにお会いしたとき、話したいこと、聞きたいことの100万分の1も聞けなかったけど、この本にはその答えがギュギュッとつめこまれているのです。しかも、完璧にロックの文章で」とコメントを寄せている。


【商品情報】
『瀕死の双六問屋 完全版』
リマスター・バージョンCD付き(4曲収録)
収録曲:
1. 瀕死の双六問屋のテーマ
2. 遠いシナリオ
3. フリーター・ソング
4. 瀕死の双六問屋エンディング・テーマ

著者/忌野清志郎
発売日/2012年2月22日
定価/2,190円(税別)
発行

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング