一青窈、阿久悠作詞、マリアンヌ東雲(キノコホテル)作曲の新曲「パラソル哀歌」配信

リッスンジャパン / 2012年2月29日 19時0分

写真

10ヶ月連続配信リリースの第3弾を発表した一青窈(Listen Japan)

一青窈がデビュー10周年を記念した10ヶ月連続配信企画の第3弾として、作詞家・阿久悠の未発表作品にマリアンヌ東雲(キノコホテル)が作曲・編曲を手掛けた新曲「パラソル哀歌」を2月29日にリリースした。

一青窈 - アーティスト情報

東日本大震災の被災地や自身のツアーでも歌い続けてきた中島みゆき「時代」のカバーバージョンから始まり、前回は岡村靖幸との異色コラボ作品「Lesson」を配信してきた一青窈。

第3弾配信曲では昭和を代表する作詞家として日本歌謡史に大きな足跡を残した阿久悠の
未発表作品「パラソル哀歌」に、人工的未来感覚と昭和元禄的狂騒が絶妙に入り混じった不思議なロックンロールサウンドで人気爆発中のキノコホテルのマリアンヌ東雲が作曲・編曲を担当。演奏もキノコホテルがバンド全員で担当している。

阿久悠の亡き後、新歌謡/進化窈というテーマでシングル3枚、アルバム1枚を発売してきた一青窈だが、幼少期に最も影響を受けたという阿久の未発表作品「パラソル哀歌」を懐かしさもありながら新鮮な楽曲へと歌いあげている。


【一青窈 コメント】
敬愛する阿久悠さんの
歌詞をうたわせていただける光栄に預かりました。
あちらへよろけ
こちらへよろけながら
恋に憧れて恋をし
キノコホテルの支配人に出逢いました。
わたくしたちが奏でる愛のメロでぃーをご堪能あれ。
一青窈


【マリアンヌ東雲(キノコホテル) コメント】
阿久悠先生の詩の世界を大切に、キノコホテルとはちょっと気分を変えて作った楽曲です。
窈さんの情緒豊かな歌唱との素敵な化学反応により、今まで有りそうで無かった独特の仕上がりになったんじゃないかしら。ワタクシにとっても忘れられない一曲となることでしょう。
マリアンヌ東雲(キノコホテル)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング