海外メディアでも絶賛の嵐、ノラ・ジョーンズが新作からリード曲「幸せの特効薬」先行リリース

リッスンジャパン / 2012年3月8日 17時0分

写真

ノラ・ジョーンズ、ニューアルバムからリードシングル「幸せの特効薬」リリース(Listen Japan)

ノラ・ジョーンズがデンジャー・マウスのプロデュースによる最新作『リトル・ブロークン・ハーツ』からのリードシングル「ハッピー・ピルズ~幸せの特効薬/Happy Pills」をリリースした。

Norah Jones - アーティスト情報

同曲は、「偽りの愛ならサヨナラする」という自分から別れを告げることにもがきながらも“幸せの特効薬”のように気分を高揚させる前向きなラブソング。
主要PCおよびスマホ配信サイトにて配信がスタートしたほか、現在日本公式サイトにてリリック・ビデオを公開中。

「ハッピー・ピルズ~幸せの特効薬」は、制作段階からノラとデンジャー・マウス(akaブライアン・バートン)を驚かせたという。

「私たちはふたりとも、“大変だわ、最高の曲じゃない”って最初は感じて、それから時間を置いて、週末に聴き直したの。その時にふたつ目の考えがよぎったのよ――最高の曲だと思ったけど、このアルバムに収めるべきか定かじゃない、と。ある種、あからさまなポップ・ソングだし、アルバムに合わないような気がした。でも歌わずにはいられなくて、ブライアンもプレイせずにはいられなかった。最終的に、あまりにも楽し過ぎるから収録しなくちゃいけないって結論に至ったのよ」とノラは語る。

また、批評家やファンからも熱狂的な反響を得ており、
「別れがこれほど楽しげに聴こえたことは、いまだかつてない。」(ローリング・ストーン誌)
「“間違った相手”との恋を断ち切ろうと、やや小生意気な口ぶりで、しかし切なる思い込めながら、『お願い、私を放してよ』と、古典的R&B調のリフレインをジョーンズは繰り返す」(ロサンゼルス・タイムス)と、海外メディアも絶賛。

4月25日に日本先行発売されるニューアルバムには同曲をはじめ、ノラ・ジョーンズとデンジャー・マウス(akaブライアン・バートン)が共作した圧巻の12曲(国内盤は13曲)を収録。お互いの個性が融合したサウンドは、デビュー10周年を迎えたノラの新たなステップとなるにふさわしい内容となっている。


【リリース情報】
ノラ・ジョーンズ『リトル・ブロークン・ハーツ』
2012年4月25日日本先行リリース
TOCP-71280 2,300円(税込)

<トラックリスト>
1. グッド・モーニング
2. セイ・グッバイ
3. リトル・ブロークン・ハーツ
4. 彼女は22歳
5. テイク・イット・バック
6. アフター・ザ・フォール
7. 4 ブロークン・ハーツ
8. トラヴェリング・オン
9. アウト・オン・ザ・ロード
10. ハッピー・ピルズ
11. ミリアム
12. オール・ア・ドリーム
13.アイ・ドント・ワナ・ヒア・アナザー・サウンド*
*日本ボーナス・トラック

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング