シンディ・ローパーが東京公演の舞台裏―日本そして被災地に向けた想い

リッスンジャパン / 2012年3月12日 12時0分

写真

3月11日東京公演を開催したシンディ・ローパー(Lisiten Japan)

1年ぶりにジャパンツアーのために来日、オフ日に被災地を訪れるなど積極的に震災支援を行なってきたシンディー・ローパーが3月11日渋谷オーチャード・ホールで東京公演を行った。

昨年の3月11日2時46分。同時刻ちょうど着陸態勢で日本に降り立つ直前だったというシンディ。震災後もアメリカには戻らずにライヴを強行、募金活動を続けるなど彼女の行動に多くの日本人が勇気を与えられたが、一年が経過しこの時期に再び日本に来日した。

オーチャードホールのステージでリハーサルの途中こんなエピソードがあったという。2時46分近くになるとステージにいるバンドや日本人スタッフも全員集めて「北の方向をみんなで向いて黙祷しましょう」ということになり、時計が2:46をさすと、全員で黙祷・・・。日本人もびっくりするほど、3分以上、本当に長い時間シンディは手を合わせて祈っていたという。

Cyndi Lauper - アーティスト情報

「私と日本のつながりは長く深く、初めての洋楽アーティストとして、全国津々浦々周らせて頂いたし、沢山の貴重な経験をさせて頂きました。私が伝えたいのは、本当に心はそばにあるということを忘れないでほしい、ということです。だから、また再び戻ってきました」と語る彼女、ライヴでも日本語楽曲である「忘れないわ」を披露、この曲は駆け出しだった彼女と日本を結ぶ想い出の一曲だ。

「私が有名になる前にMIHOという日本のピアノバーで働いていた時に…そう、私を雇ってくれたのよね(笑)。オシボリやミズ、ミズワリ、タバコなんかも(お客さんに)出していたわ。“シンディ&オシボリエッツ”っていうバンドを始めたのよね。。。そこにいたギタープレイヤーのピーターという人が「これをやったらパーフェクトだよって」この曲を教えてくれたの。」
「今回ここに戻って来れたので、特別なこのステージで日本語で歌います。いつも皆さんのことは近くに感じていました。私のことをいつも受け入れてくれて。この曲はオバアチャン・ソングだけど、今回は少し現代風にアレンジしました。」語った。

話題は前後するが、このライヴの模様は東北地方を含む全国の劇場で生中継された、このイベントを前に意気込みと共になぜ今回被災地へ行き、石巻の小学校へ桜の苗木を送ったか?その理由も明かしてくれたという。

「私は昨年自分のやるべきことをやっただけ。でも何かヒーローのように祭り上げられてしまったような気がして、ちょっと戸惑っていた。そんな時(旦那さんの)デビッドと話をしてみたら「君はまるで木のような存在、復興のシンボルなんだよ。だとしたら復興のシンボルとして木を贈呈してみたら?」と言われて、桜の木を思い出した。桜の苗木を受け取った子供たちは、苗木を大切に育てることで、毎年花を咲かせる美しさに感動し、共に成長できる、と思ったから」

シンディのジャパンツアーは大阪、名古屋と残り2公演を残すのみとなったが、オフ日となる3月12日外国特派員協会の記者会見に出席。自分の目で見た被災地の現状、そして世界に向けたメッセージも注目される。


【シンディ・ローパー来日公演スケジュール】
2012年03月13日(火)大阪国際会議場 メインホール
2012年03月15日(木)愛知県芸術劇場 大ホール

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング