バニラビーンズ ニューシングルでCDジャケット初となる笑顔を披露

リッスンジャパン / 2012年3月13日 16時0分

写真

バニラビーンズ ニューシングルでCDジャケット初となる笑顔を披露(Listen Japan)

バニラビーンズがニューシングル「チョコミントフレーバータイム(4月11日発売)」のCDジャケットと収録内容を発表した。

ニューシングルは<初回限定盤>と<通常盤>の2タイプをリリース予定。
<初回限定盤>では、デビュー5年目にしてCDジャケットでは初となる“笑顔”を披露。過去作品では人形のような無表情さか、クールな微笑での登場が主で、時にはメンバー2人が表面に登場しないケースもあったが、今回は大きなリボンと春らしいガーリーな衣装をまとい、歯をみせて笑顔で歌っているという、アイドルCDでは普通でもバニビCDではかなり異色な仕上がりとなっている。

また、曲のタイトルにある“チョコミント”にちなんで、今回“チョコミントアイスクリーム”でお馴染みのサーティーワンがアイスクリームのサンプルを提供。<初回限定盤>ではこちらをマイクに見立てて2人が歌っている。
ちなみに<通常盤>の方は、スプーンに乗った2人が、バニビお得意のお澄ましスマイルで登場しており、こちらはこれまで以上にオシャレ感の増した作品だ。

<初回限定盤>の収録曲は、前作の山下久美子カバーに続き、大瀧詠一の「1969年のドラッグレース」のカバーを収録。バニビの2人が生まれる前の、1984年にリリースされた大瀧詠一のアルバム「EACH TIME」に収録されているナンバーということで、前作のカバー同様バニラビーンズの2人は「レコーディングの候補曲にあがって、初めて曲を耳にしました!」とのこと。そんな2人が「1969年のドラッグレース」をどの様に歌っているのか注目が集まる。

さらに<初回限定盤>では、1月にリリースした前作「トキノカケラ」のリミックスも収録。せつなさい冬ソングだった「トキノカケラ」がどのように生まれ変わったのか、こちらも聞き逃せない。

バニラビーンズは3月10日の原宿KDDIデザイニングスタジオでのインストアイベントを皮切りに、3月~4月にかけて、東京、名古屋、大阪で多数のインストアイベントを予定。ほぼ全ての会場が観覧フリーとなっているので要チェックだ。

バニラビーンズ - アーティスト情報

<リリース情報>
New Single 「チョコミントフレーバータイム」
2012年4月11日On Sale

【初回限定盤】  
TPRC-0013 ¥1,300(tax in)
<収録曲>
1.チョコミントフレーバータイム
2.ひとつのうた  
3.1969年のドラッグレース
4.トキノカケラ -Midnight flavor remix-
5.チョコミントフレーバータイム(Instrumental) 
6.ひとつのうた(Instrumental) 

【通常盤】
TPRC-0014 ¥1,000(tax in)
<収録曲>
1.チョコミントフレーバータイム
2.ひとつのうた  
3.チョコミントフレーバータイ(Instrumental) 
4.ひとつのうた(Instrumental)

★PV  URL・・・(youtu.be/fpnt-nA0V54)


「バニラビーンズ “チョコミントフレーバータイム”インストアイベント~3月篇~」
3月17日(土) 13時~  東京・TSUTAYA JR中野駅前店
3月24日(土) 午後~  名古屋市内CDショップ
3月25日(日) 午後~  大阪市内CDショップ  ※詳細は近日発表予定

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング