suzumoku、現代社会への怒りを歌った最新曲「蛹-サナギ-」が有線チャート1位に

リッスンジャパン / 2012年3月15日 19時0分

写真

suzumokuの最新シングル「蛹-サナギ-」ジャケット(Listen Japan)

シンガーソングライターのsuzumokuが3月11日にシングルリリースした新曲「蛹-サナギ-」が、3月14日付けの有線インディーズチャートで1位を獲得した。

suzumoku - アーティスト情報

「蛹 -サナギ-」は、現代を生きる若者を昆虫のサナギになぞらえた、攻撃的ともいえるほどハードなサウンドのロックナンバー。
遅々として進まない被災者支援や、閉塞感を禁じ得ない不安定な社会に対する怒りといった現実的なテーマが込められている同曲は、TwitterやFacebook上でも大きな反響を呼んでおり、「バイト中だったけど聞き入ってしまった」、「ずっと気になってた曲名が分かった!蛹だった!」など、若者を中心に多くのコメントやつぶやきが寄せられている。

さらにシングル「蛹-サナギ-」にカップリングとして収録されている楽曲「僕らは人間だ」も、3月7日付のチャートにおいて、それまでランキング圏外だったにも関わらず16位まで急上昇。
本楽曲は昨年3月11日、ツアー先の仙台で震災に遭い、数日間の避難所生活を経験したsuzumokuが、“被災者”として不安な時間を過ごす中で制作・公開した楽曲で、震災から1年という節目を迎えた今、改めて注目を集めていることが窺える。

そんなsuzumokuは現在、アコギ1本のみで全道府県50公演を巡るツアー『“生声弾語りSolo Live” aim into the sun ~step by step~』の真っ最中。会場の多くがアットホームなカフェとなっており、急速に勢いを増す彼の音楽を身近に感じることの出来る貴重な機会となりそうだ。



【リリース情報】
ニューシングル「蛹 -サナギ-」
2012年3月11日(日)リリース
APPR-1301/¥1,365 (tax in)
[収録曲]
1.蛹 -サナギ-
2.平々 -ヘイヘイ-
3.僕らは人間だ
4.蛹 -サナギ-(Instrumental)

【ツアー情報】
全都道府県50公演 LONG TOUR<機材をまったく使わないアコギ一本の生声ライブ>
『“生声弾語りSolo Live” aim into the sun ~step by step~』
チケット:前売り¥3,000/当日¥3,500 (税込、ドリンク代別)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング