前田敦子 AKB48の卒業を電撃発表「20歳の夢に向かい、後輩のために卒業する」

リッスンジャパン / 2012年3月26日 1時0分

写真

前田敦子 AKB48の卒業を電撃発表「20歳の夢に向かい、後輩のために卒業する」(Listen Japan)

AKB48の前田敦子が25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開かれたAKB48のコンサートの中で、自身の卒業を電撃発表した。

発表はコンサートの終盤。前田敦子自身が「私は14歳のときにAKB48のオーディションを受け、初期メンバーとして加入させていただきました。それは、私の人生にとって初めての大きな決断でした。そして、今日ここで2回目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子は、AKB48を卒業します…」と述べ、会場を埋め尽くした2万5千人の観客は動揺を隠せず騒然となった。

続けて前田は「私は昔から感情の起伏がすごく激しくて、メンバーにもたくさん迷惑をかけてしまいました。そして、ファンの皆さんにもたくさん心配をかけてしまったと思います。それでも私なりに頑張ってきた6年半でした。コンサートの1日目の時、東京ドームコンサートの発表があって、14歳のころからみんなで一緒に夢見てきた目標がかなったと、とても感動しました。そして、20歳の夢に向かって歩き出さなければといけないと、改めて思うことができました。正直、不安でいっぱいです。どうなるか分かりません。ここにこうしてたくさんいる後輩のためにも私が卒業して、歩き出さなければいけないと、そう思いました。まだ詳しいことは決まっていません。今すぐやめてしまうわけではありません。決まり次第、皆さんの前でご報告したいと思います」とコメント。

AKB48 - アーティスト情報

突然の報告を前田の横で聞きながら高橋みなみは「私も突然のことでとても驚いています。メンバーも知りませんでした。(前田を)隣でずっと見てきました。私は、たくさんの涙と笑顔を見てきました。(AKB48を卒業することは)去年、私に打ち明けてくれました。だから、敦子は一時の感情ではないことを分かってあげてください。たくさん考えた上での決断です。AKB48にいることがゴール地点ではありません。皆さんの温かい声がきっと彼女の背中を押してくれます。皆さんがいるから大丈夫です。本当はやめてほしくはありませんが、私たちに止める権利はありません。だから温かく背中を押してあげてください。よろしくお願いします」と話し、涙ながらに前田と強く抱き合った。

今回の卒業について作詞家で総合プロデューサーの秋元康は「前田が決めた道なので応援します。14歳からセンターの重圧に耐えて来たわけですから、今は『よく頑張った。お疲れ様』と言ってあげたいです。これから先のことは何も決まっていないので、前田と相談します」と述べ、「知っていたか?の質問で言えば、相談は受けていました。ですが、自分で決めなさいと言いました。もし、発表するなら最終日の『誰かのために』の後のMCしかないと思っていました」と、卒業発表の経緯について語った。

所属事務所の太田プロダクションは「突然の発表でしたので、今後に関しては、今現在、何も決まっておりません。事務所も本日聞きました。突然のことでハッキリしたコメントは出来ませんが、本人ともよく話し合い、彼女の夢に向けて応援していきたいと思います」と発表。

前田敦子の具体的な卒業の日程は本人・事務所のコメントにもある通り、詳細が決定次第、後日アナウンスされる。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング